暴行事件のよくある質問

暴行事件のよくある質問

暴行罪と傷害罪の違いは何ですか?
暴行罪の方が軽い罪で、傷害罪の方が重い罪になります。具体的に例を挙げますと、顔面を平手打ちしてしまったけれども特にケガはなかったという場合には暴行罪に該当しますが、唇が切れて血が出てしまったような場合には傷害罪に該当します。基本的に、相手にケガをさせてしまった場合には傷害罪になると考えてよいでしょう。
ページトップへ戻る
平日9:30~21:00、土日祝9:30~18:00 
初回相談料無料、お気軽にお問い合わせください。