刑事事件のよくある質問

刑事事件のよくある質問

逮捕をされると、その後いつまで身体を拘束されますか?
身体拘束には、大きく逮捕、勾留があります。
逮捕には、現行犯逮捕、緊急逮捕及び通常逮捕がありますが、いずれも、身体拘束から72時間以内に事件を検察官に送致して、検察官が勾留請求をしない限り、釈放されます。したがって、逮捕の効力が生じるのは、72時間であるということです。
検察官の勾留請求に対して、裁判所が勾留決定をすると、勾留の効力によって身体拘束されることになります。勾留の効力は10日です。また、この10日を経過してもなお、身体拘束をしなければならない「やむを得ない事由」があるときは、さらに最長で10日勾留延長の効力により身体を拘束されてしまいます。
そして、その身体拘束中に起訴されると、自動的に起訴後勾留に切り替わり(刑事訴訟法208条1項反対解釈)、まず2カ月間起訴後勾留の効力によって身体を拘束され、その後は、1か月ごとに更新されて身体拘束が続くことになります。
ページトップへ戻る
平日9:30~21:00、土日祝9:30~18:00 
初回相談料無料、お気軽にお問い合わせください。