弁護士 本間 雄一朗

弁護士紹介

弁護士 本間 雄一朗

プロフィール

弁護士 本間 雄一朗
出身 東京都中野区
経歴 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
慶應義塾大学大学院法務研究科卒業
所属部会 埼玉弁護士会
犯罪被害者支援委員会 所属歴有

弁護士になった動機

私は人と接することが好きで、「人の喜ぶ姿」を見るのが好きです。私が弁護士となったのは、民事事件、刑事事件を問わず、依頼者と密に接することができることに加え、依頼者にとって人生の一大事であろう法律紛争を解決することにより、依頼者と喜びを分かち合うことができるからです。

取扱分野

刑事事件、離婚事件、債務整理、労働問題、債権回収、遺言相続、知的財産権問題等を得意としております。

どんな対応を行っていきたいか?(仕事上心がけていること)

常にお客様の立場に立って寄り添いつつ、事案の全体像を冷静な目で俯瞰することも忘れないよう、日々心がけております。また、お客様とはたくさん「対話する」ことをモットーに、難解な法律を出来る限り噛み砕いて説明することを心がけております。
特に、刑事事件は手続きの流れが分かりにくい上、「勾留」「保釈」「準抗告」など難解な専門用語が多いですが、誰よりも分かりやすくご説明する自信があります。

苦労すること

ある事実が存在しても、それを証明する証拠がなければ裁判所では認められません。事実は確かにあるのに、その証拠を掴めない又は存在しないときに、非常に歯がゆい思いをします。
また、刑事事件においては、証拠が存在してもこれを提出できないというケースもあります。例えば、示談書等の証拠は、検察官が同意をしない限り原則として証拠として提出できません。このような場合は、裁判に被害者をお呼びした上で、確かに示談したと証言していただくほかないのです。

うれしいと思うこと

相談当初、困り果てて沈んでしまっていた依頼者様が、事案が解決したことにより満面の笑顔を見せてくださった時がもっとも喜びを感じる瞬間であり、同時に、弁護士としてのやりがいを感じる瞬間です。
刑事事件の場合は、被害者と示談ができて不起訴処分が得られたときや、準抗告という手続が認められ、釈放されたときなどに弁護士としてのやりがいを強く感じます。

目指していること

どのような種類の相談にも誠実に対応し、適切に処理することができる、万能な弁護士を目指しています。なお、「適切に処理」というのは、必ずしも法的に正しい答えを導き出すということではなく、それぞれの依頼者のご希望にかなった解決を導くという意味です。

ベリーベストについて思うこと

ベリーベストはまだまだ若いグループですが、弁護士、弁理士、税理士、司法書士、行政書士らが、各々の資格ないし業務範囲の垣根を越えて、自由闊達に意見を出し合い、チーム一丸となって事案処理に当たるところが最大の魅力であると感じております。

趣味

ゴルフ、スキー、カラオケ、バスケットボール、ドライブなど

依頼者へ一言

弁護士に相談するべきか否か、もしお悩みであれば是非一度相談にお越し下さい。きっとお力になれると思います。

ページトップへ戻る
平日9:30~21:00、土日祝9:30~18:00 
初回相談料無料、お気軽にお問い合わせください。