弁護士 堤 悦朗

弁護士紹介

弁護士 堤 悦朗

プロフィール

弁護士 堤 悦朗
出身 福岡県
経歴 上智大学外国語学部卒業
上智大学法科大学院卒業
所属部会 福岡県弁護士会

弁護士になった動機

もともと、社会に貢献できる仕事に就きたいと考えていました。そこで人の命や自由や財産を左右するような裁判に関わる弁護士を目指しました。日本は人質司法と言われるように、逮捕された後多くの場合23日間留置場に拘束されます。そのことが社会にとって本当によいことなのかは常に考えなければいけないと思っています。

取扱分野

民事刑事にかかわらず、また個人法人にかかわらず対応しています。特定の分野に特化することなくあらゆるニーズに対応できる弁護士を目指しています。刑事事件では、外国人被疑者・被告人の対応も行っています。すでにフランス人、中国人、アメリカ人、カナダ人の事件の対応を行っています。

どんな対応を行っていきたいか?(仕事上心がけていること)

弁護士はベストな結果を保証することはできません。だからこそ、ベストな結果を得られるためにできることをすべてすることが大事だと考えています。特に刑事事件の場合は、迅速さが必要になるので、これを重視しながら最高の結果が得られるよう心がけています。

苦労すること

調査のためにいろいろなところに出向くことや、示談交渉のために被害者と話をすることなどは、場合によっては苦労するだろうと思うことはあります。でも、多くの場合、結果的には苦労よりも多くの学びを得ることの方が多いですね。

うれしいと思うこと

やはり依頼者から、あなたに頼んで正解だった、と言われた時ですね。これに勝るうれしいことはありません。

目指していること

どんな案件にも対応できる弁護士になることです。たとえば、刑事事件で言えば、最近、日本語ができない被疑者と英語で接見したりしています。

ベリーベストについて思うこと

マンパワーがあるので、相談者のほとんどのニーズに対応できることがベリーベストに相談するメリットだと思います。少人数の法律事務所だと、手が空いていないからという理由で依頼を断られたりすることもありますが、ベリーベストはそれがありません。

趣味

テニス、読書

依頼者へ一言

どの弁護士に依頼すべきかは、会ってみての感覚で判断するのが一番いいと思います。ぜひ一度ご相談ください。

ページトップへ戻る
平日9:30~21:00、土日祝9:30~18:00 
初回相談料無料、お気軽にお問い合わせください。