その他の解決事例

住居侵入の現行犯逮捕。早期に被害者との示談に向けた活動を行い、成立させたことで不起訴処分を得た


犯罪行為 住居侵入
結果 不起訴
罪名 住居侵入
ご依頼者 男性

事件発生の経緯

Aさんは、好意を寄せていた女性の家に、合鍵を自ら作成して侵入し、被害女性の持ち物等を物色していたところ、被害女性が帰宅。その場で通報され、逮捕された。

相談~解決まで

被害女性に連絡をとり、示談金を支払って示談を成立させ、起訴猶予(不起訴)処分を得ました。

逮捕されてから、不起訴処分により身柄を解放されるまでの期間は、1週間程度だった。

解決のポイント

受任後、早期に示談成立に向けた活動(謝罪及び示談の申し入れ)を行ったこと。

ページトップへ戻る
平日9:30~21:00、土日祝9:30~18:00 
初回相談料無料、お気軽にお問い合わせください。