その他の解決事例

住居侵入の容疑で現行犯逮捕。すぐに弁護方針を打ち合わせ、被害者への謝罪と示談を成立させたことで不起訴となった


犯罪行為 住居侵入
結果 不起訴
罪名 住居侵入
ご依頼者 男性

事件発生の経緯

Aさんは住居侵入の容疑で現行犯逮捕されました。翌日に家宅捜索され、家族から問い合わせがありました。

相談~解決まで

Aさんの家族の依頼を受け、弁護士は直ぐにAさんに会いに、警察署へ行きました。
そこで、Aさんとも弁護方針を打ち合わせ、被害者の方に弁護士を通じて謝罪をし、粘り強い交渉の末、被害者の方と示談が成立しました。
その後、事件は不起訴で終了しました。

解決のポイント

弁護士を通じて被害者の方へ謝罪をし、示談が成立していたことから、本件は不起訴で終了しました。

ページトップへ戻る
平日9:30~21:00、土日祝9:30~18:00 
初回相談料無料、お気軽にお問い合わせください。