財産事件の解決事例

大手メーカーの偽物を販売したことで逮捕勾留。依頼者の経済的負担を最小限に抑え保釈し、執行猶予となった


犯罪行為 詐欺
結果 執行猶予
罪名 商標法違反
ご依頼者 男性

事件発生の経緯

Aさんはインターネットオークションを通じて、大手メーカーの人気腕時計の部品の偽物を数名に売ったこと及び販売目的の所持によって商標権を侵害したとして、逮捕勾留されました。

相談~解決まで

当初、国選弁護人がついていたが、思うように意思疎通がはかれず、親族を通じて依頼がありました。

解決のポイント

保釈には全弁協の保証書を利用し、依頼者の経済的負担を最小限に抑えることができた。

ページトップへ戻る
平日9:30~21:00、土日祝9:30~18:00 
初回相談料無料、お気軽にお問い合わせください。