財産事件の解決事例

前職での横領の疑いをかけられ、突然逮捕。事実関係を整理し、被害会社との示談を成立させたことで不起訴(処分なし)となった


犯罪行為 横領
結果 不起訴(処分なし)
罪名 業務上横領
ご依頼者 20代男性 会社員

事件発生の経緯

都内某企業に勤める会社員である田中さん(仮名:男性)は、前の職場で会社のお金を横領したのではないかとの疑いで、事件があったとされる日から1年半も経ったある日、突然逮捕されてしまいました。

相談~解決まで

ご本人からの呼び出しを受け、逮捕勾留されている警察署ですぐに今後の対応を協議しました。
ご本人は、一部については認めていましたが、大部分については否定されていましたので、その点を検察官に意見書を提出しました。また、法律的な話ですが、事実関係を伺うと、業務上横領ではなく、窃盗にすぎない事案でしたので、これも意見書を提出しました。さらに、被害会社と示談をまとめ、これを裁判所や検察官に提出しました。

解決のポイント

示談をまとめることができたのが、処分がされなかった理由だと思います。

ページトップへ戻る
平日9:30~21:00、土日祝9:30~18:00 
初回相談料無料、お気軽にお問い合わせください。