財産事件の解決事例

知人男性を恐喝したが、同じ過ちを繰り返さない旨を誓約して伝え、被害者との示談が成立。処分保留釈放の後、不起訴となった


犯罪行為 恐喝
結果 不起訴
罪名 恐喝未遂
ご依頼者 男性

事件発生の経緯

Aさんは知人男性を恐喝しようとしたが、被害者がこれに応じず、警察に相談した為、逮捕された。

相談~解決まで

勾留期間中に被害者と示談を成立させ、処分保留釈放の後、不起訴となりました。

解決のポイント

Aさんが経済力に乏しく、示談金を払える余裕がなかったが、Aさんに反省を促し、二度と同じ過ちを繰り返さない旨を誓約させました。
被害者にAさんが反省し、2度と同じ過ちを繰り返さない旨を誓約していることを伝え、示談に消極的だった被害者を説得しました。結果、被害届を取り下げてくれました。

ページトップへ戻る
平日9:30~21:00、土日祝9:30~18:00 
初回相談料無料、お気軽にお問い合わせください。