今すぐ弁護士に無料相談

財産事件の解決事例

住宅に侵入し、下着類を盗んで逃走。身体拘束を解き、示談を成立させて不起訴となりました。

財産事件泥棒

  • 罪名住居侵入罪、窃盗罪
  • 解決結果不起訴
  • ご依頼者男性

事件発生の経緯

被疑者は、鍵の開いていた家に侵入し、下着類を盗んで逃走しました。後日、警察から連絡があり出頭したところ逮捕されました。

相談~解決の流れ

警察に行く前日にAさんからご相談を受けました。
警察に出頭した際に逮捕される可能性が高いと考えたことから、即座にご来所していただき、ご依頼を受けました。

翌日逮捕された場合に備えて、名刺を渡しておき、すぐに連絡をとれるようにしていたところ、警察から逮捕された旨の連絡があり、その日のうちに接見に行きました。

接見後すぐに、交際相手や勤務先の社長に監視・監督を約束していただき、意見書を提出したところ、勾留請求却下になりました。

示談交渉も行い、被害者の方に許していただくことができたため、不起訴となりました。

ご依頼を受けてから2週間程度で解決しました。

解決のポイント

Aさんは逮捕前に弁護士と面談した際も、犯行について深く反省しており、被害者の方に謝罪をしたいとの気持ちを強くお持ちでした。
早い段階で弁護士に相談していただけたため、逮捕後すぐに動くことができ、早期に身体拘束を解くことができました。

示談交渉についても、早期にご家族に連絡ができ、費用捻出にご協力いただけたので、円滑に進めることができました。
身体拘束からの解放及び不起訴を獲得することができたのは、Aさんの謝罪をしたいという強い気持ちから、弁護士が早く活動できたことが大きく影響したと考えています。

全国の各オフィスから寄せられた解決事例をご紹介しております。
(※ベリーベスト法律事務所全体の解決事例となっています)

解決事例トップにもどる

犯罪別 解決事例

お近くの弁護士を探すお近くの弁護士を探す

北海道・東北
関東
中部・東海
北陸
近畿
中国・四国
九州・沖縄

弁護士コラム

弁護士コラム一覧を見る