今すぐ弁護士に無料相談

財産事件の解決事例

窃盗事件で現行犯逮捕されたものの、早期に示談交渉を行い、不起訴に。

財産事件窃盗

  • 罪名窃盗
  • 解決結果不起訴処分
  • ご依頼者男性

事件発生の経緯

Aさんは仕事のストレスから、出来心で他人の持ち物を盗んでしまい、それを見咎められて現行犯逮捕されてしまいました。

相談~解決の流れ

Aさんは反省しており、何とか示談をして前科がつかないようにして欲しいと、当事務所に相談しました。
弁護士は直ちに担当の警察官に連絡をし、Aさんが反省していることや示談をしたいことを被害者に伝えてもらいました。
幸い、被害者もこちらとの交渉に応じる意向を示したことから、示談の条件を交渉し、示談しました。
弁護士は、示談の結果について捜査機関に報告し、最終的には不起訴となりました。

解決のポイント

被害者との間で示談することで、不起訴となる可能性が高くなります。他方で、被害者は加害者と直接の交渉を拒否することが多いため、早期の示談締結により、不起訴を得るためにも、早い段階で弁護士に依頼する必要があります。
今回も、Aさんが事件後間もなく弁護士に依頼し、弁護士をとおして謝罪と示談の意思を伝えたことなど、Aさん側の対応が早かったことが、被害者の態度を硬化させない要因にもなったと思います。

全国の各オフィスから寄せられた解決事例をご紹介しております。
(※ベリーベスト法律事務所全体の解決事例となっています)

解決事例トップにもどる

犯罪別 解決事例

お近くの弁護士を探すお近くの弁護士を探す

北海道・東北
関東
中部・東海
北陸
近畿
中国・四国
九州・沖縄

弁護士コラム

弁護士コラム一覧を見る