性・風俗事件の解決事例

路上で女性の臀部に触れ、現行犯逮捕。初動対応を迅速に行い、謝罪と反省の意思を検察官に伝えることで不起訴処分となった


犯罪行為 痴漢
結果 不起訴
罪名 迷惑防止条例違反
ご依頼者 男性

事件発生の経緯

路上で女性の臀部に触れたことから、現行犯逮捕。

相談~解決まで

被疑者のお母様からご依頼を受け、すぐに接見に行きました(休日)。お母様から被疑者の性格等について簡単に聴き取りを行った後、被疑者本人から事情を伺いました。すると、事案が軽微であるにもかかわらず、被疑者は逮捕時に、警察官から必要以上の暴力をふるわれ、精神的にも不安定な状況でした。さらに、被疑者は家族で事業を営んでおり、事業の中心である被疑者が自宅に戻ることができないと、事業が継続できないおそれもありました。

以上の事情を中心に、勾留に対する準抗告を行ったところ、勾留請求が却下され、早期に自宅に戻ることができました。被疑者の身体が解放された後は、被害者との示談交渉を試みましたが、被疑者とは一切関わりたくないとのことから、示談を成立させることはできませんでした。しかし、犯罪の被害者に対する間接的な援助となることから、贖罪寄付を行い、担当検察官に直接面会のうえ、意見書を提出したところ、不起訴処分となりました。

解決のポイント

初動対応を迅速に行い、本件の特殊な事情(逮捕時の警察官の暴力、家族経営の事業)を準抗告担当の裁判官に適切に伝えることができ、勾留請求が却下されました。示談交渉ができなかったものの、贖罪寄付を行うことで、被疑者の謝罪と反省の意思を担当検察官に適切に伝えることができ、不起訴処分になりました。

ページトップへ戻る
平日9:30~21:00、土日祝9:30~18:00 
初回相談料無料、お気軽にお問い合わせください。