性・風俗事件の解決事例

半年前の児童買春により逮捕。相手女性が18歳未満と思わなかった旨を訴え、故意がないことを粘り強く主張し続けた結果、不起訴処分に


犯罪行為 児童買春
結果 不起訴
罪名 児童買春
ご依頼者 男性

事件発生の経緯

約半年前の児童買春について逮捕された。

相談~解決まで

被疑者のお父様からご依頼を受け、すぐに接見に行きました(夜遅い時間)。お父様から被疑者の性格等について簡単に聴き取りを行った後、被疑者本人から事情を伺いました。すると、被疑者には、相手の女性が18歳未満であったという認識はなく、本件の背後には、組織的な児童買春が関与している可能性が疑われました。
そこで、被疑者には、18歳未満の女性と性交した認識がない以上、犯罪は成立しないことから、勾留の期間は長くなるかもしれないが、自分の認識に基づいて、正直に取り調べの受け答えをするようにアドバイスしました。
勾留期間は延長されてしまいましたが、被疑者には、18歳未満の認識がないことを訴え続けたところ、不起訴処分となりました。

解決のポイント

被疑者は、逮捕当初から、相手の女性が18歳未満とは思わなかった旨を一貫して主張していましたので、身体の解放だけを目指すのではなく、被疑者の言い分を信じて、犯罪の故意がないことを粘り強く主張し続けたところ、不起訴になりました。

ページトップへ戻る
平日9:30~21:00、土日祝9:30~18:00 
初回相談料無料、お気軽にお問い合わせください。