性・風俗事件の解決事例

電車内の痴漢により逮捕。当初被害者は示談に消極的だったが、粘り強く交渉を続けて示談を成立させ、最終的に不起訴となった


犯罪行為 痴漢
結果 不起訴
罪名 迷惑防止条例違反
ご依頼者 男性

事件発生の経緯

Aさんは電車内で痴漢をしたことにより逮捕されました。被害者に謝りたくても被害者は会ってくれませんでしたが、弁護士を通した示談であれば応じる旨の連絡がありました。

相談~解決まで

Aさんからご依頼を受けた翌日、弁護人は被害者と直接会い、誠意をもって謝罪をしました。
当初被害者は、示談について消極的だったものの、粘り強く交渉を続けた結果、示談を成立させることができ、告訴も取り下げられました。最終的に、Aさんは不起訴となり、前科はつきませんでした。

解決のポイント

痴漢をされた被害者は、犯人には会いたくないと思うのが通常ですが、弁護士を介することにより示談をすることが可能となります。
また、ご依頼を受けてから迅速かつ誠実に対応することが、不起訴につながります。

ページトップへ戻る
平日9:30~21:00、土日祝9:30~18:00 
初回相談料無料、お気軽にお問い合わせください。