性・風俗事件の解決事例

酒に酔って通行人に抱きついた。すぐに謝罪と示談の意思を表明し、迅速な対応をしたことによって不起訴に


犯罪行為 痴漢
結果 不起訴
罪名 迷惑防止条例違反
ご依頼者 男性

事件発生の経緯

Aさんは、酒を飲んで酔っ払った状態で、通行人の被害者に抱きつきました。被害者の家族が近くにいたことから、すぐに最寄りの派出所に連れて行かれ、事情を聞かれました。その日は帰らされましたが、逮捕されるかもしれないと思ったAさんは相談に訪れました。

相談~解決まで

Aさんの依頼を受け、すぐに警察署へ連絡して謝罪と示談の意思を表明しました。被害者に何度か連絡をして示談に応じてもらうことができ、被害届を取り下げてもらいました。事件発生から約3週間で示談ができたことにより、Aさんは逮捕などされることなく事件は終了しました。

解決のポイント

迅速な対応が、Aさんの身柄拘束を阻止し、結果的には不送致となりました。

ページトップへ戻る
平日9:30~21:00、土日祝9:30~18:00 
初回相談料無料、お気軽にお問い合わせください。