性・風俗事件の解決事例

早期の示談により不起訴処分を得られました。

犯罪行為 性・風俗事件
結果 不起訴処分
罪名 迷惑防止条例違反
ご依頼者 男性

事件発生の経緯

依頼者は、駅構内において、被害者女性に対する迷惑防止条例違反で取調べを受けました。

相談~解決まで

依頼者は、自身の仕事の関係上、起訴されることによる問題が大きいこと、後に慰謝料の請求訴訟などを起こされたくないことから、被害者との間での示談を希望していました。
そこで弁護士は、速やかに担当の警察署に連絡をして、示談の意思と弁護士の連絡先を教えて欲しいということを被害者に伝えてもらいました。
その後、被害者から弁護士に連絡があり、話し合いを重ねた結果、無事に示談が成立し、不起訴処分となり、民事・刑事両面で解決となりました。

解決のポイント

事件の性質にもよりますが、通常、特に被害者が女性の場合、依頼者ご本人が被害者と直接連絡をとって交渉することは困難です。
そのような場合に、早期の示談を希望するのであれば、早急に弁護士にご依頼いただき、被害者との示談交渉を行うことが必要となります。
また示談の内容についても、後に疑義を生じさせず、民事・刑事両面で法的に解決するために、文言等含めて弁護士の適切なアドバイスを得ることが重要となります。

ページトップへ戻る
平日9:30~21:00、土日祝9:30~18:00 
初回相談料無料、お気軽にお問い合わせください。