交通事故・交通違反の解決事例

時速100キロ以上オーバーのスピード違反。スピード超過のやむを得ない事情を主張し、執行猶予付きの判決となった


犯罪行為 スピード違反
結果 執行猶予
罪名 道交法違反
ご依頼者 30代男性 会社員

事件発生の経緯

高速道路の制限速度を時速100キロ以上オーバーしたとして起訴された、在宅起訴事件です。

相談~解決まで

本人は会社員で、社用で現場に急行しているところでした。
その際、首都高速道路で制限速度60キロのところを160キロで走行し、オービスに写真撮影され、後日取調べを受けました。

解決のポイント

初犯で反省もしていることと、現場に急行するやむを得ない事情もあったこと等から、執行猶予付きの判決となりました。

ページトップへ戻る
平日9:30~21:00、土日祝9:30~18:00 
初回相談料無料、お気軽にお問い合わせください。