交通事故・交通違反の解決事例

速度違反。場合によっては懲役もありうるので、情状を軽くするために必要な活動をし、罰金で解決


犯罪行為 スピード違反
結果 罰金
罪名 道路交通法違反
ご依頼者 男性

事件発生の経緯

Aさんは、自動車を高速度で運転し、自動速度取締違反装置に感知され、事件が発覚しました。

相談~解決まで

二度と速度違反をしないことを示すために、自動車を売却し、私生活には公共交通機関を用いるようにし、身内に厳しく監督するように誓約をいただきました。

解決のポイント

当該犯罪は場合によっては懲役もありうるので、情状を軽くするために必要な活動は全て行いました。

ページトップへ戻る
平日9:30~21:00、土日祝9:30~18:00 
初回相談料無料、お気軽にお問い合わせください。