暴力事件の解決事例

累犯で傷害による逮捕。被害者との示談ができなかったが、被害弁償と粘り強い交渉により罰金で解決


犯罪行為 傷害
結果 略式起訴
罪名 傷害
ご依頼者 20代男性 会社員

事件発生の経緯

以前実刑判決を受けてから5年が経過していない累犯のケース。交際相手を殴って全治3週間のケガを負わせ、傷害で逮捕勾留される。

相談~解決まで

交際相手の被害感情が極めて強く、また、本人は過去に強姦等の前科前歴があったことから、逮捕勾留されました。
被害感情が極めて強く示談が成立しないどころか、被害者は、治療費の受け取りすら拒否しました。やむを得ず、治療費及び慰謝料相当額を法務局に供託するとともに、累犯事案であり、起訴イコール実刑になってしまうことから、なんとか罰金で済ませて欲しい旨、粘り強く検察官と交渉した結果、罰金50万円となって起訴実刑を免れることができました。

解決のポイント

示談ができない場合でも、被害弁償の努力をして、検察官に刑の軽減を求めて直談判したことが功を奏しました。

ページトップへ戻る
平日9:30~21:00、土日祝9:30~18:00 
初回相談料無料、お気軽にお問い合わせください。