暴力事件の解決事例

集団で金銭を要求。中国語の理解、裁判員裁判の対応が必要だったが複数の弁護士で弁護活動をし、類似事案よりも低い判決を得た


犯罪行為 傷害
結果 懲役4年
罪名 迷惑防止条例違反
ご依頼者 男性(外国人)

事件発生の経緯

中国人留学生グループ内での金銭トラブルを発端として、集団で刃物を使い、金銭を要求した事案です。起訴前勾留において、国選弁護人が選任されていましたが、レスポンスが遅いことや中国語が理解できないことから、通訳を介さずに接見ができ、迅速に対応できる当事務所に依頼がきました。

相談~解決まで

Aさんの友人からご依頼を受け、起訴前より複数回接見し、すぐにAさんと信頼関係を構築しました。起訴後、正式に弁護人に選任され、接見等にも迅速に対応しました。
裁判員裁判という重大事件であったものの、複数の弁護士で事件に対応したため、スムーズかつ適切な弁護活動を展開することができました。

解決のポイント

裁判員裁判であったため、複数人で事件に対応する必要がありました。当事務所は、多数の弁護士が所属し、複数人体制をとることができたため、裁判員裁判においても、適切な弁護活動を行うことができました。
また、示談交渉にあたっても、被害者側の代理人と迅速に連絡を取り、示談書を締結できた結果、類似事案よりも低い判決を得ることができました。

ページトップへ戻る
平日9:30~21:00、土日祝9:30~18:00 
初回相談料無料、お気軽にお問い合わせください。