暴力事件の解決事例

暴行を否認していたが、早期釈放希望だったため依頼者の事情を粘り強く訴え、不起訴(処分保留保釈)となった


犯罪行為 暴行
結果 不起訴(処分保留釈放)
罪名 暴行
ご依頼者 男性(外国人)

事件発生の経緯

Aさんは初回接見から否認。否認によるメリット、デメリットを伝える。とにかく早く釈放してほしいとの依頼により、早期釈放を目指す。結果、受任から9日で釈放されました。

相談~解決まで

否認でしたが、接見で聞き取ったAさんの個別具体的な事情(生活状況、長期拘束による精神的肉体的苦痛、出頭確保等)を粘り強く訴えたことにより、勾留延長に対する準抗告が認められ、釈放されました。

解決のポイント

ページトップへ戻る
平日9:30~21:00、土日祝9:30~18:00 
初回相談料無料、お気軽にお問い合わせください。