暴力事件の解決事例

共犯で傷害を負わせて起訴されたが、被害者との示談が成立したために罰金で解決


犯罪行為 傷害
結果 罰金
罪名 傷害
ご依頼者 男性

事件発生の経緯

専門学校の学生であるAさんは、同級生を他の共犯者と一緒の殴る蹴るの暴行を加えて、傷害を負わせた。

相談~解決まで

他の共犯者に、連絡をとり、被害者(未成年)の親権者父と示談交渉。示談金を支払うことにより、宥恕文言のある示談書を取り交わすことができた。

解決のポイント

傷害の結果が重く、起訴されたものの、示談が成立していたために、罰金刑となった。

ページトップへ戻る
平日9:30~21:00、土日祝9:30~18:00 
初回相談料無料、お気軽にお問い合わせください。