暴力事件の解決事例

泥酔して暴行をし逮捕されたが、早期の身柄解放を実現。被害者への謝罪と示談を成立させたことで不起訴処分


犯罪行為 傷害
結果 不起訴
罪名 傷害
ご依頼者 男性

事件発生の経緯

Aさんは泥酔した状態で、飲食店から自宅に帰る途中、通りがかりの男性に暴行して、傷を負わせ逮捕されてしまった。

相談~解決まで

逮捕されてから間をおかずにAさんの友人から接見の依頼を受けたことから、数時間後には警察署に到着し、接見を行いました。Aさんの身元がしっかりしており、逃亡のおそれがなく、証拠隠滅のおそれもなかったことから、勾留質問の前に、裁判官との面談を行った結果、勾留請求が却下され、早期の身柄解放を実現しました。
その後の示談については、被害者の方が弁護人との面談に応じていただいた為、弁護人からの謝罪と示談に応じていただけたことで、不起訴処分となりました。

解決のポイント

Aさんの友人から、Aさんの身柄拘束直後の段階でご依頼いただいたことから、早期の身柄解放を実現することができました。本人が真摯に反省し、必死に示談金を準備したため、謝罪だけでなく、具体的に被害者の方の損害を慰謝することで、示談に応じていただくことができました。

ページトップへ戻る
平日9:30~21:00、土日祝9:30~18:00 
初回相談料無料、お気軽にお問い合わせください。