暴力事件の解決事例

合成麻薬を使用して逮捕。弁護士が時間をかけて両親を説得し、情状証人になってもらうことで保釈が認められ、執行猶予となった


犯罪行為 覚せい剤・大麻
結果 執行猶予
罪名 麻薬取締法違反
ご依頼者 20代女性 無職

事件発生の経緯

合成麻薬(MDMA)を使用して逮捕された、麻薬取締法違反事件。

相談~解決まで

被疑者は初犯だったが両親からも見放されていたため、保釈を強く望んでいたが両親が協力的ではなく情状証人となってもらうことが難しい状況でした。
弁護士が相当な時間をかけて両親を説得し、情状証人になってもらうことで保釈が認められ、執行猶予となりました。

解決のポイント

弁護士が本人に代わって、両親や知人に協力してもらえるよう交渉を依頼することで、保釈が認められ、執行猶予となりました。

ページトップへ戻る
平日9:30~21:00、土日祝9:30~18:00 
初回相談料無料、お気軽にお問い合わせください。