今すぐ弁護士に無料相談

暴力事件の解決事例

元交際相手を恐喝した容疑で通常逮捕。勾留請求却下で迅速な身柄解放ができました。

暴力事件暴行事件(脅迫)

  • 罪名恐喝未遂
  • 解決結果不起訴処分
  • ご依頼者男性

事件発生の経緯

Aさんは、元交際相手が浮気をしていたことに逆上し、金員を要求し、性行為時の動画をネットにばら撒くと言ってしまいました。

その後、突然、自宅に警察が来てAさんは逮捕されました。

相談~解決の流れ

Aさんのお住まいは関東ですが、Aさんの母親から、関東エリア外の警察に連れて行かれたとのことで、当事務所へご相談をいただきました。

当事務所の弁護士が早急に接見に向い、すぐにAさんの母親から身元引受書等をFAXにて入手し、勾留請求を却下する旨の意見書を作成しました。

その後、裁判官と面談し、被疑者が普段は真面目であり、被害者の本名も住所も知らない旨を伝えたところ、勾留請求却下に成功。

検察官に準抗告されましたが棄却され、逮捕の翌日に身柄解放されました。
そして、被害者との示談が成立し、起訴猶予処分となりました。

解決のポイント

勾留請求却下については、裁判官との面談において、被疑者の身体拘束の不利益が大きいことと、被疑者は被害者の本名も住所も知らず、被害者の居住地は関東エリア外と遠方であり、接触の危険がないことを主張できたことが大きかったと思います。

全国の各オフィスから寄せられた解決事例をご紹介しております。
(※ベリーベスト法律事務所全体の解決事例となっています)

解決事例トップにもどる

犯罪別 解決事例

お近くの弁護士を探すお近くの弁護士を探す

北海道・東北
関東
中部・東海
北陸
近畿
中国・四国
九州・沖縄

弁護士コラム

弁護士コラム一覧を見る