少年事件の解決事例

未成年者が集団での万引きに加担。すぐに被害店舗と示談交渉をし、反省を促したことで保護観察処分となった


犯罪行為 窃盗
結果 保護観察処分
罪名 窃盗
ご依頼者 女性

事件発生の経緯

未成年のAさんは、家出中に、暴力団員を名乗る男性に命令され、集団での万引行為に加担し、窃盗罪の疑いで逮捕されました。Aさんのご家族は、すぐに当事務所に相談しました。

相談~解決まで

Aさんのご家族からご依頼を受け、すぐに被害店舗と示談交渉を行い、示談を成立させることができました。また、家出をしてはいけないことや、友人を選ぶ必要があることなどについて反省を深め、無事保護観察処分を得ることができました。

解決のポイント

執行猶予付きの判決を得るためには、やはり被害者との示談を成立させることが重要です。また、少年事件で保護観察処分を得るためには、少年に、犯罪行為についてだけでなく、日頃の行動等についても反省を促すことが必要となることがあります。

ページトップへ戻る
平日9:30~21:00、土日祝9:30~18:00 
初回相談料無料、お気軽にお問い合わせください。