少年事件の解決事例

元交際相手へのストーカー行為。被害者に対し誠実な示談交渉と謝罪を行った結果、保護観察処分に


犯罪行為 ストーカー行為
結果 保護観察処分
罪名 ストーカー行為等の規制等に関する法律違反
ご依頼者 男性

事件発生の経緯

Aさんは、元交際相手の女性に対しメールを送り続け、警察の注意勧告を受けても、メールをやめなかったことから、ストーカー行為を行ったとして警察により逮捕されました。
Aさんの両親は、Aさんの処分が少しでも軽くなるよう、当事務所に相談に来ました。

相談~解決まで

Aさんからのご依頼を受け、弁護人は警察署及び少年鑑別所での接見を繰り返し、裁判所にAさんの心情がが伝わるよう反省文や謝罪文を書かせました。
また、被害者とその家族に対し連絡を行い、謝罪文を受け取っていただきました。
被害者の対応から、示談の成立が難しい状態にあったので、Aさんの担当医への連絡やAさんの携帯の解約等多方面にわたる弁護活動を行いました。

解決のポイント

Aさんが、今後被害者に対しメールを送る恐れのないことを裁判所に伝えるためAさんの携帯を解約したことや、被害者に対し誠実な示談交渉を行った経緯が評価され、Aさんは保護観察処分となりました。

ページトップへ戻る
平日9:30~21:00、土日祝9:30~18:00 
初回相談料無料、お気軽にお問い合わせください。