今すぐ弁護士に相談する

財産事件の解決事例

下着を盗ろうとして、住居に侵入。起訴されたが、執行猶予付き判決となった。

財産事件 住居侵入・窃盗未遂

  • 罪名住居侵入・窃盗未遂
  • 解決結果執行猶予付き判決
  • ご依頼者男性

事件発生の経緯

Aさんは、下着を盗もうとして被害者方に侵入したところ、被害者に見つかったので、その場から逃げました。その後、Aさんは、家に警察が来たので、事情聴取を受けました。そして、Aさんは、起訴されました。

相談~解決の流れ

起訴された後に、Aさんから当事務所へご相談をいただきました。
当事務所の弁護士を通じて、被害者との示談を試み、被害者へ謝罪の意思を伝えました。しかし、起訴後であり、謝罪の時期が遅くなったため、示談には応じてくれませんでした。
裁判において、Aさんは、被害者と示談を試みたこと、深く反省していること示し、更生施設に通って二度と再犯をしないことを誓いました。また、Aさんの家族も今後Aさんを監督していくことを誓いました。そうして、執行猶予付き判決を得ることができました。

解決のポイント

被害者への謝罪が遅れたため、示談を成立させることはできませんでしたが、裁判所に対して、被害者との示談交渉の過程を示し、Aさんが被害回復に向けた努力をしていたことを示したことが、執行猶予付きの判決に繋がったのだと思います。

全国の各オフィスから寄せられた解決事例をご紹介しております。
(※ベリーベスト法律事務所全体の解決事例となっています)

解決事例トップにもどる

犯罪別 解決事例

お近くの弁護士を探すお近くの弁護士を探す

北海道・東北
関東
中部・東海
北陸
近畿
中国・四国
九州・沖縄

弁護士コラム

弁護士コラム一覧を見る