商標法違反

商標法違反

商標法違反の刑事事件は、偽物ブランド品などを販売・譲渡したようなケースが挙げられます。 偽物ブランド品について、「本物」と思っていた場合には罪は成立しません。もっとも、「本物」と思っていたと言えるには当該偽物ブランド品を入手した経緯、金額等が非常に重要となります。

また、偽物ブランド品と分かっていたとしても、関与の程度が低いような場合には、不起訴処分等の軽い処分もあり得ます。いずれにしても、周辺事情を弁護士が調査し、有利な事情として検察官に主張立証していくことが重要となります。

ページトップへ戻る
平日9:30~21:00、土日祝9:30~18:00 
初回相談料無料、お気軽にお問い合わせください。