業務妨害・公務妨害

業務妨害・公務妨害

業務を妨害した場合は業務妨害罪が成立します。公の業務を妨害した場合は公務執行妨害罪が成立します。

業務妨害罪の場合

業務妨害の場合、妨害手段によって、威力業務妨害と偽計業務妨害に分かれます。 どちらにしても、被害者への謝罪と被害賠償を行い、示談をすることが重要です。

公務執行妨害罪の場合

事案として、軽微な公務執行妨害罪の場合、逮捕されても、勾留まで行われないケースも多くあります、もっとも、暴行の相手方が警察官であり、その暴 行の程度もひどい場合には起訴される可能性があります。警察官相手に、示談をすることは事実上不可能であるため、反省文を提出するなどして真摯な反省を示 して、不起訴にむけた活動を行っていくことが重要となります。

ページトップへ戻る
平日9:30~21:00、土日祝9:30~18:00 
初回相談料無料、お気軽にお問い合わせください。