弁護士費用

サービス内容・料金

弁護士費用

相談料無料

ご本人様、もしくはそのご家族の方からの弁護士との初回相談無料

初回接見費用 3万円

弁護士がすぐに警察署へ急行します!

刑事弁護を依頼いただく場合の料金

裁判になる前(起訴前)裁判になった後(起訴後)
裁判になる前
内容・状態
1.事実を認めている通常事件 無料 右記着手金に
含まれます
30万円 30万円
2.事案簡明な事件 20万円 20万円
3.事実否認 50万円 50万円
4.裁判員裁判 1または2と同じ※4
  • (※1) ご本人様、又はご家族の方のが初めてご相談いただいた場合、30分の相談が無料になります。
  • (※2) 3~5回の接見費用が着手金に含まれます。接見回数がこれを上回るときは、接見費用(1回3万円)をいただきます。着手金に含まれる接見回数についてはお問い合わせください。
  • (※3) 報酬金はご依頼時にお預かりします。報酬金が発生しない場合には、お客様に返金いたします。
  • (※4) 裁判員裁判の費用は、事案により異なります。
裁判になった後
内容・状態
1.事実を認めている通常事件 無料 右記着手金に
含まれます
30万円 30万円
2.事案簡明な事件 30万円 30万円
3.事実否認 50万円 50万円
4.裁判員裁判 100万円~ ※4 100万円~ ※4
  • (※1) ご本人様、又はご家族の方のが初めてご相談いただいた場合、30分の相談が無料になります。
  • (※2) 3~5回の接見費用が着手金に含まれます。接見回数がこれを上回るときは、接見費用(1回3万円)をいただきます。着手金に含まれる接見回数についてはお問い合わせください。
  • (※3) 報酬金はご依頼時にお預かりします。報酬金が発生しない場合には、お客様に返金いたします。
  • (※4) 裁判員裁判の費用は、事案により異なります。
少年事件
内容・状態
1.事実を認めている通常事件 無料 無料 30万円 30万円
2.事実否認 無料 無料 50万円 50万円

※1 相談料はご本人様、又はご家族の方の初回相談30分が無料対象(それ以外の方は1時間1万円)
※ 接見のみご依頼の場合は、接見費用として3万円いただきます
※ 起訴後の薬物事件は、着手金20万円、報酬金20万円

着手金 10万円/3回
報酬金 10万円
  • ※消費税は上記料金に加え別途発生します。
  • ※着手金は保釈請求3回分までの料金になります。4回目以降は別途費用が発生します。

接見等のみをご依頼の場合の料金

接見のみ 3万円/1回
任意聴取同行 1.8万円/ 1時間
  • ※消費税は上記料金に加え別途発生します。
  • ※接見又は任意聴取同行を行う警察署等が遠方の場合、別途日当を頂戴する場合がございます。

料金固定の弁護士費用

弁護士費用合計
60万円

※事実を認め、裁判にならずに事件が解決した場合

裁判になる前の弁護活動の場合、料金が変動する事はありません。想定外の弁護士費用がかかることがない様に料金を設定しております。

裁判前(起訴前)弁護に含まれる弁護活動
裁判前(起訴前)弁護に含まれる弁護活動

ココが違う!無駄がない料金体系

弁護活動により2人と示談成立し、身柄釈放した場合
ベリーベスト法律事務所 個別に成功報酬を頂く場合






相談 無料 無料
接見 無料※ 5万円~
着手金 30万円~ 30万円~
接見禁止解除 無料 10万円~
勾留請求却下 無料 10万円~
示談活動 無料 10万円〜
(1名分)
報酬金 30万円~ 30万円~
合計 60万円~ 100万円~
※接見のみご依頼の場合は、接見費用として3万円いただきます。

刑事事件の流れ

case.1

逮捕後、勾留されたが不起訴になった

警察に逮捕された後、48時間以内に検察官へ送検するか、釈放するかを決めます。
事実の確認や、捜査機関へ被疑者側の主張を伝えることで、釈放の実現を目指します。

期間(目安) 出来事 弁護士サポート 費用
0日
事件発生

職務質問・自首

 
1日
逮捕

警察署へ連行

point
逮捕後48時間以内に検察へ送検するか釈放かを決めます。この段階で本人に面会できるのは弁護士だけです。

相談料

初回接見

正式依頼(着手金)

無料

無料

30万円

3日
送検

警察から検察へ

point
送検後24時間以内に「勾留」か「釈放」かを判断します。

接見

規定回数迄は無料
4日
勾留

起訴の是非を決める期間

point
被害者側との示談交渉、嫌疑を晴らす証拠提示等の弁護士活動による、起訴の回避、釈放を目指す重要な時期です。

接見

規定回数迄は無料
5日
~20日間
示談成立

告訴取り下げ

示談交渉

0円
(着手金に含む)
~20日間
不起訴

不起訴処分

point
強姦・強制わいせつ罪は示談成立後は検察は起訴できません。起訴できるその他の罪に関しても、起訴前の示談成立は大きなポイントとなります。

報酬金

報酬金は、ご依頼時にお預かりします。報酬が発生する際は、お預かりしている前払い報酬金から清算し、報酬金が発生しない場合には、お客様に返金致します。
30万円
5日~20日間
終了

事件終了

合計金額

60万円

※終了期間は目安になります。個別の内容により前後します。

※弁護士費用は事件内容、認否状況により異なります。

case.2

弁護士の活動により釈放された後、不起訴処分に

逮捕後に釈放を求める際は、72時間という時間制限の中で行う必要があります。嫌疑を晴らす証拠提示などの弁護士活動が釈放の是非に大きく関わります。

期間(目安) 出来事 弁護士サポート 費用
0日
事件発生

職務質問・自首

 
1日
逮捕

警察署へ連行

point
逮捕後48時間以内に検察へ送検するか釈放かを決めます。
■弁護士が出来ること
・捜査を受ける際の助言
・被害者との交渉
・被疑者の主張を裁判所や捜査機関へ伝える

相談料

初回接見

正式依頼(着手金)

無料

無料

30万円

3日
送検

警察から検察へ

point
送検後24時間以内に「勾留」か「釈放」かを判断します。

接見

規定回数迄は無料
4日
釈放

勾留阻止による釈放⇒在宅事件へ

point
釈放後は自由に職場や学校に通うことが出来、日常生活を取り戻せます。
6日
不起訴

不起訴処分

報酬金

30万円
約6日間
終了

事件終了

合計金額

60万円

※終了期間は目安になります。個別の内容により前後します。
※弁護士費用は事件内容、認否状況により異なります。

case.3

起訴された後、保釈請求が受け入れられた

起訴後に保釈を求めることを「保釈請求」と言います。保釈されるには保証金を支払う必要があります。

期間(目安) 出来事 弁護士サポート 費用
0日
事件発生

職務質問・自首

 
1日
逮捕

警察署へ連行

相談料

正式依頼(着手金)

無料

30万円

3日
送検

警察から検察へ

接見

規定回数迄は無料
4日~20日
起訴

裁判は1年以上かかるケースもあります

保釈請求
point
保釈保証金は裁判所が決めた金額になります。
保釈




公判開始

裁判は1年以上になる場合もあります

裁判着手金

保釈保証金

保釈請求 着手金



保釈成功報酬金

釈放後は自由に職場や学校に通うことが出来、日常生活を取り戻せます。

裁判成功報酬金

30万円

裁判所に保釈金を支払

10万円




10万円





30万円
終了

事件終了

合計金額

90~110万円

※終了期間は目安になります。個別の内容により前後します。
※弁護士費用は事件内容、認否状況により異なります。

電話をしたら、何を聞かれるの?

お電話いただいた際には、まずオペレーターが以下の5点をご質問いたします。

お分かりになる範囲でお答え下さい

1. どなたのご相談か(ご本人様・ご家族の方)
2. 氏名、年齢、ご住所
3. ご来所相談が可能か
4. 事件の罪名
5. 管轄の警察署、逮捕日

ここまでお答えいただければ十分です!オペレーターのご質問後、弁護士にお電話をおつなぎし、具体的なご相談内容をお伺いいたします。

矢印

起訴されると99%が有罪に!
起訴され、手遅れになる前に

矢印

30分以内に弁護士とお電話可能!
弁護士が警察へ急行します

弁護士費用のクレジットカード決済可能

クレジットカード

ご利用可能なクレジットカード
VISA、MasterCard、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブ、ディスカバー、銀聯
※VISA、MasterCardのみ分割払い可能(1/2/3/5/6/10/12回払い)・店舗でのお支払いの場合のみ
※VISA、MasterCard以外は、一括払いのみ(上限金額100万円)

刑事事件の弁護士費用に関する注意事項

※弁護士費用等の記載は全て別途消費税加算とし、弁護士報酬が発生した時点で税法の改正により消費税の税率が変動していた場合には、改正以降における消費税相当額は変動後の税率により計算いたします。

ページトップへ戻る
平日9:30~21:00、土日祝9:30~18:00 
初回相談料無料、お気軽にお問い合わせください。