今すぐ弁護士に無料相談

費用

ベリーベストは明朗会計

check裁判前に解決した場合

費用弁護士費用40万円~

※在宅事件の場合の一例

裁判前(起訴前)弁護に含まれる弁護活動

  • 相談

    相談
  • 接見

    接見
  • 勾留延長阻止

    勾留延長阻止
  • 示談活動

    示談活動

※クレジットカードによる分割払いが可能です。詳細は下記クレジットカード決済可能をご参照下さい。

※事実を認め、裁判にならずに事件が解決した場合、裁判になる前の弁護活動の場合、料金が変動する事はありません。
想定外の弁護士費用がかかることがない様に料金を設定しております。

費用のご案内

相談料
相談料

弁護士へのご相談費用です。

初回相談無料60

  • ※ご本人様、又はご家族の方が初めてご相談いただいた場合、60分の相談が無料になります。
  • ※ご本人様、ご家族の方以外の方は60分1万円
接見
接見

接見とは、弁護士が逮捕されている被疑者と面会することです。接見は、適切な刑事弁護や今後の方針を決める上で、非常に重要です。まずは「とりあえず弁護士に会いに行ってもらう」ところからスタートしましょう。

初回接見費用3万円

※規定接見回数を超えた場合に発生します。

着手金・報酬金

着手金とは、弁護士に正式に案件を委任する際にお支払い頂く費用です。
報酬金とは、成果の程度に応じて支払う費用です。報酬金は、ご依頼時にお預かりします。
事件の結果、報酬が発生する場合には、お預かりしている報酬金から精算し、報酬金が発生しない場合には、お客様に返金いたします。

※クレジットカードによる分割払いが可能です。詳細は下記クレジットカード決済可能をご参照下さい。

裁判になる前(起訴前)にご依頼いただき、起訴されずに解決した場合

裁判になる前(起訴前)にご依頼いただき、起訴されずに解決した場合

報酬金は、弁護士の活動により公判請求をされなかった場合、又は身柄事件で身柄拘束が解放された場合に発生します。起訴前弁護をご依頼いただいた後、起訴されてしまった場合、起訴前弁護の報酬金は頂きません。もっとも、引き続き起訴後弁護をご依頼いただく場合は、起訴後弁護の着手金・報酬金を頂きます。

内容・状態 着手金 報酬金(成功報酬)
事案簡明な事件 20万円 20万円~
認めている事件 30万円 30万円~
認めていない事件 50万円 50万円~
裁判員裁判対象事件※ 30万円(認めている事件)または
50万円(認めていない事件)
30万円~(認めている事件)または
50万円~(認めていない事件)

裁判員裁判対象事件の費用は、事案により異なります。

裁判になった後(起訴後)にご依頼いただき、解決した場合

裁判になった後(起訴後)にご依頼いただき、解決した場合

報酬金は、弁護士の活動により検察官の求刑よりも判決で言い渡された刑期、刑種が軽い場合に発生します。

内容・状態 着手金 報酬金(成功報酬)
事案簡明な事件 30万円 30万円~
認めている事件 30万円 30万円~
認めていない事件 50万円 50万円~
裁判員裁判※ 100万円~ 100万円~

裁判員裁判の費用は、事案により異なります。

接見・面会回数(着手金内)

被疑者・被告人に弁護士が面会に行く(接見)費用について、以下の回数は着手金に含まれます。

内容 裁判になる前
(起訴前)
裁判になった後
(起訴後)
事案簡明な事件 3回 2回
認めている事件 4回 3回
認めていない事件 5回 4回

上記規定回数を超えた場合には、接見費用を別途いただきます。

規定回数を超えた場合の接見費用 3万円/1回
  • ※接見回数が上記の回数を超える場合、1回当たり3万円の接見日当が発生します。(初回接見費用を頂いた分は除く)
  • ※弁護活動の一環として、任意同行添付をした場合は、2.5時間分を接見1回とみなします。
  • ※規定回数を超えた場合、超えた時間につき1万8000円/60分が発生します。
  • ※接見費用は初回接見分は含みません。

保釈請求

勾留されている方を、保釈金を納付することで、刑事裁判までの間、一時的に身柄を解放する手続きにかかる費用です。

着手金 10万円/3回 報酬金 10万円

※保釈請求費用は3回分までの料金になります。4回目以降は別途費用が発生します。

期日日当

裁判の期日が一定回数を超えた場合にいただく費用です。

打合せ・公判前等の期日 3万円/1期日あたり 公判期日(4回目以降から) 5万円/1期日あたり
任意事情聴取の同行
任意事情聴取の同行

誰もが事情聴取のための出頭要請を受けた際、大きな不安を抱きます。弁護士が同行することで、不安を緩和し、無用な逮捕がなされないように尽力します。

1800060

対応内容

  • ・(在宅事件時)警察や検察への出頭に同行します
  • ・取り調べ時、取調官へ名刺を渡して外で弁護士が待機します
  • ・費用には移動時間を含みます
相談料
相談料

弁護士へのご相談費用です。

初回相談無料60

  • ※ご本人様、又はご家族の方が初めてご相談いただいた場合、60分の相談が無料になります。
  • ※ご本人様、ご家族の方以外の方は60分1万円
接見
接見

接見とは、弁護士が逮捕されている被疑者と面会することです。接見は、適切な刑事弁護や今後の方針を決める上で、非常に重要です。まずは「とりあえず弁護士に会いに行ってもらう」ところからスタートしましょう。

初回接見費用3万円

※規定接見回数を超えた場合に発生します。

着手金・報酬金

着手金とは、弁護士に正式に案件を委任する際にお支払い頂く費用です。
報酬金とは、成果の程度に応じて支払う費用です。報酬金は、ご依頼時にお預かりします。
事件の結果、報酬が発生する場合には、お預かりしている報酬金から精算し、報酬金が発生しない場合には、お客様に返金いたします。

家裁送致前にご依頼いただいた場合

内容・状態 着手金 報酬金(成功報酬)
認めている事件 30万円 30万円
認めていない事件 50万円 50万円

家裁送致後にご依頼いただき、審判となった場合

内容・状態 着手金 報酬金(成功報酬)
認めている事件 30万円 30万円
認めていない事件 50万円 50万円

接見・面会回数(着手金内)

被疑者・被告人に弁護士が面会に行く(接見)費用について、以下の回数は着手金に含まれます。

内容 家裁送致前 家裁送致後 起訴後
認めている事件 3回 3回 2回
認めていない事件 5回 5回 3回

上記定回数を超えた場合には、接見費用を別途いただきます。

規定回数を超えた場合の接見費用 3万円/1回
任意事情聴取
任意事情聴取

誰もが事情聴取のための出頭要請を受けた際、大きな不安を抱きます。弁護士が同行することで、不安を緩和し、無用な逮捕がなされないように尽力します。

1800060

対応内容

  • ・(在宅事件時)警察や検察への出頭に同行します
  • ・取り調べ時、取調官へ名刺を渡して外で弁護士が待機します
  • ・費用には移動時間を含みます

元検事の弁護士を指名でご依頼いただく場合の費用

元検事の弁護士を指名でご依頼いただく場合には、
特別料金をいただきます。
具体的な金額は、事案内容によりますので、
詳しくはお問合わせください。

消費税は上記料金に加え別途発生します。

費用体系のイメージ

在宅事件で事実を認めている場合の一例(起訴前からご依頼いただいた場合)

在宅事件で事実を認めている場合の一例 在宅事件で事実を認めている場合の一例
  • ※1 ご依頼時にお預かりします。
  • ※2 起訴時に新たにお預かりします。
  • ※3 第三回期日で、判決結果が減刑だった場合。

在宅事件で事実を否認している場合の一例(起訴前からご依頼いただいた場合)

在宅事件で事実を否認している場合の一例 在宅事件で事実を否認している場合の一例

※クレジットカードによる分割払いが可能です。詳細は下記クレジットカード決済可能をご参照下さい。

  • ※1 報酬金は、ご依頼時にお預かりいたします。
  • ※2 起訴前弁護をご依頼をいただいた後、起訴されてしまった場合、起訴前弁護の報酬金は、お返しいたします。もっとも、引き続き起訴後弁護をご依頼いただく場合は、起訴後弁護の着手金をいただき、起訴後弁護の報酬金をお預かりいたします。
  • ※3 第三回期日で、判決結果が減刑だった場合。

少年事件で、事実を認めている場合の一例

少年事件で、事実を認めている場合の一例 少年事件で、事実を認めている場合の一例
  • ※1 ご依頼時にお預かりします。

ケース別にみる費用

逮捕後、勾留されたが不起訴に(認めている場合)

警察に逮捕された後、48時間以内に検察官へ送検するか、釈放するかを決めます。事実の確認や、捜査機関へ被疑者側の主張を伝えることで、釈放の実現を目指します。

  • 1日目逮捕・警察へ連行

    逮捕・警察へ連行 逮捕・警察へ連行

    逮捕後48時間以内に検察へ送検するか釈放かを決めます。この段階で本人に面会できるのは弁護士だけです。

    相談料 60分無料※ 初回接見 3万円

    ※無料相談はご本人、またはその他ご家族の方の初回相談60分が無料対象(ご本人様、またはその家族の方以外は60分1万円)

  • 3日目送検・警察から検察へ

    送検・警察から検察へ 送検・警察から検察へ

    検察官が、送検後24時間以内に「勾留」か「釈放」かを判断します。

    接見 規定回数迄は無料 正式依頼
    (着手金)
    30万円
  • 4日目勾留・起訴の是非を決める期間

    勾留・起訴の是非を決める期間 勾留・起訴の是非を決める期間

    被害者側との示談交渉、嫌疑を晴らす証拠提示等の弁護活動による、起訴の回避、釈放を目指す重要な時期です。

    接見 規定回数迄は無料
  • 不起訴処分

    示談・不起訴処分 示談・不起訴処分

    不起訴処分を獲得することができた場合、報酬金を頂きます。

    報酬金 30万円

    報酬金は、ご依頼時にお預かりします。
    報酬が発生する際は、お預かりしている前払い報酬金から清算し、報酬金が発生しない場合には、お客様に返金いたします。

  • 事件終了

    修了・事件終了 修了・事件終了
    合計金額 60万円
釈放後、不起訴処分に(認めている場合)

逮捕後48時間以内に検察へ送検するか釈放かを決めます。

  • 1日目逮捕・警察へ連行

    逮捕・警察へ連行 逮捕・警察へ連行

    逮捕後48時間以内に検察へ送検するか釈放かを決めます。

    ■弁護士が出来ること

    • ・捜査を受ける際の助言
    • ・被疑者との交渉
    • ・被疑者の主張を裁判所や捜査機関へ伝える
    相談料 60分無料※ 初回接見 3万円

    ※相談料は被疑者、被告人、又はその家族の初回相談60分が無料対象(それ以外の方は60分1万円)

  • 3日目送検・警察から検察へ

    送検・警察から検察へ 送検・警察から検察へ

    検察官が、送検後24時間以内に「勾留」か「釈放」かを判断します。

    接見 規定回数迄は無料 正式依頼
    (着手金)
    30万円
  • 4日目勾留・勾留阻止による釈放⇒在宅事件へ

    勾留・勾留阻止による釈放⇒在宅事件へ 勾留・勾留阻止による釈放⇒在宅事件へ

    釈放後は自由に職場や学校に通うことが出来、日常生活を取り戻せます。

    報酬金 10万円
  • 示談・不起訴処分

    示談・不起訴処分 示談・不起訴処分
    報酬金 30万円
  • 事件終了

    修了・事件終了 修了・事件終了
    合計金額 70万円
起訴後、保釈された(認めている場合)

裁判になった後(起訴後)に保釈を求めることを「保釈請求」と言います。
保釈されるには保証金を支払う必要があります。

  • 1日目逮捕・警察へ連行

    逮捕・警察へ連行 逮捕・警察へ連行

    逮捕後48時間以内に検察へ送検するか釈放かを決めます。この段階で本人に面会できるのは弁護士だけです。

    相談料 60分無料※ 初回接見 3万円

    ※無料相談はご本人、またはその他ご家族の方の初回相談60分が無料対象(ご本人様、またはその家族の方以外は60分1万円)

  • 3日目送検・警察から検察へ

    送検・警察から検察へ 送検・警察から検察へ
    接見 規定回数迄は無料 裁判前着手金 30万円
  • 起訴⇒保釈請求⇒保釈⇒公判開始

    起訴⇒保釈請求⇒保釈⇒公判開始 起訴⇒保釈請求⇒保釈⇒公判開始

    釈放後は自由に職場や学校に通うことが出来、日常生活を取り戻せます。

    ※裁判は1年以上になる場合もあります。

    裁判着手金 30万円
    保釈保証金 裁判所に保釈金を支払
    保釈請求 着手金 10万円
    保釈請求 報酬金 10万円
    裁判報酬金 30万円

    ※保釈保証金は裁判所が決めた金額になります。

  • 判決(第三回期日)・事件終了

    判決(第三回期日)・事件終了 判決(第三回期日)・事件終了
    合計金額 90~110万円

クレジットカード決済可能

ご利用可能なクレジットカード ご利用可能なクレジットカード

ご利用可能なクレジットカード
VISA、MasterCard、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブ、ディスカバー、銀聯

刑事事件の弁護士費用に関する注意事項

※弁護士費用等の記載は全て別途消費税加算とし、弁護士報酬が発生した時点で税法の改正により消費税の税率が変動していた場合には、改正以降における消費税相当額は変動後の税率により計算いたします。

ベリーベストの解決実績ベリーベストの解決実績

不起訴獲得数
481
示談数
610
身柄解放数
328
執行猶予数
212

お近くの弁護士を探すお近くの弁護士を探す

北海道・東北
関東
中部・東海
北陸
近畿
中国・四国
九州・沖縄

弁護士コラム

弁護士コラム一覧を見る