今すぐ弁護士に無料相談

犯罪別
解決プラン

逮捕されたらどうする?
犯罪別解決プラン一覧

性犯罪とは、性欲を満たすために相手の同意を得ず性的自由を侵害する犯罪です。

性犯罪には、暴力行為を伴わない性犯罪(痴漢・盗撮・児童買春など)と、暴力行為を伴う性犯罪(強姦・強制性交等・強制わいせつなど)に分けられます。中でも、暴力行為を伴う性犯罪は、非常に重い罪に問われる可能性が高い犯罪です。
また、近年は性犯罪の厳罰化が進んでいます。強姦罪は強制性交等罪と名前が変わり、親告罪から非親告罪になるなど、刑法改正がなされました。
性犯罪で逮捕された場合、一刻も早く被害者と示談を成立させることが有効ですが、性犯罪の被害者は被疑者に対して強い恐怖心を感じていることが多く、直接連絡して示談交渉を行うことは非常に困難です。性犯罪で逮捕されたら、すぐに弁護士へご相談ください。

暴力事件は傷を負わせる犯罪が典型ですが、傷を負わせなくても成立する場合もあります。

暴力事件は、「酔った勢いで相手を殴ってしまった」「すれ違いざまに人とぶつかりトラブルになった」など、些細なことがきっかけで逮捕されてしまうことが多い犯罪です。
「暴行」とは、人の身体に対する物理力の行使を指します。殴る・蹴るなどの行為で相手の身体に傷をつける場合などが典型的な例ですが、相手に水をかけるなど、実際には相手の身体に傷をつけていなくても罪に問われる可能性があります。
暴力事件で逮捕された場合、早期解決には被害者と示談することが効果的です。しかし、暴行被害者は通常加害者に連絡先を教えないため、直接示談による解決は難しいでしょう。暴力行為で逮捕されたらすぐに弁護士へご相談ください。

財産事件とは、詐欺・窃盗・横領などの主に金銭や金銭に関する権利に関する犯罪です。

財産事件とは、「店からお金を盗んだ」「オレオレ詐欺をした」「ある会社の商品のロゴを無断で使用し、そのロゴを使用した模倣品を販売して利益を得た」などのお金に関するトラブルに起因する犯罪です。財産事件の場合、暴力事件や性犯罪とは違い、身体に被害が及んでいるわけではないため、早い段階で被害者と示談交渉を行い、被害額を弁済すれば、不起訴となる可能性は十分にあります。
しかし、被害額が高額であり弁済が難しい場合や、企業や国が相手の場合、組織的に窃盗を行っていた等の悪質なケースの場合などは、示談での解決は難しく起訴される可能性が高くなります。財産事件で逮捕されたら、すぐに弁護士にご相談ください。

性犯罪・風速事件、暴力事件、財産事件以外の犯罪について解説します。

少年事件とは、満20歳に満たない少年・少女が犯罪を犯した(犯すおそれがある)事件のことです。少年事件の場合は、通常の刑事事件とは手続きの流れや罰則も異なります。
交通事故は、人身事故の場合に刑事事件になります。特に、近年は飲酒運転が社会問題となっており、厳しい処分が下されるケースもあります。
薬物事件とは、法令によって規制されている薬物を所持、使用、販売や製造、栽培、輸出入などをした場合に罰せられる犯罪です。薬物犯罪も日本では大きな社会問題のひとつです。
いずれの犯罪も早期に対応をすることで、不利益を最小限にできる可能性が高まります。これらの犯罪で逮捕されたら、弁護士にご相談ください。

悩み別解決プランを見る悩み別解決プランを見る

お近くの弁護士を探すお近くの弁護士を探す

北海道・東北
関東
中部・東海
北陸
近畿
中国・四国
九州・沖縄

弁護士コラム

弁護士コラム一覧を見る