ストーカー事件の実績豊富な弁護士と30分以内にお話しができます!

前科がつき手遅れになる前に

  • 26
  • 130
  • 19
  • ストーカー事件のご依頼をお急ぎの方、すぐにこちらをご確認ください!

      • ストーカー事件に精通した刑事弁護専門チームの弁護士が待機。お電話後、30分以内に弁護士に相談可能
      • お電話で、弁護士から今後の見通し弁護士費用の見積りをお伝えします
      • 弁護士が警察署へ急行し、早期釈放を目指します
      • 初回相談料は無料、緊急接見費用は、5万円
      • 全国19支店で、平日夜間・土日含め、365日対応

      ※ご相談にはご来所をお願いするケースがあります

今すぐベリーベストへご連絡ください!

ストーカー事件に巻き込まれてお困りの方 ご家族がストーカーで逮捕されてしまった方 ストーカー事件を会社に知られたくない方

前科をつけず、不起訴処分を勝ち取るために!

ストーカーで逮捕!起訴され前科がついてしまったら

ストーカーした場合の適用法令

ストーカー行為等の規制等に関する法律

いわゆる「ストーカー規制法」です。法律が作られる前は、ストーカー行為に対して適切な規制がされていませんでした。しかし、1999年の「桶川女子ストーカー殺人事件」をきっかけにストーカー行為を規制する声が高まり、この法律が作られました。

ストーカー規制法で規制される行為は?

ストーカー規制法では、一方的な恋愛感情などから付きまとう「つきまとい等行為」、同じ対象人物に対しつきまとい等行為を繰り返す「ストーカー行為」を規制しています。 ストーカー規制法は、被害者からの被害の申告が刑事手続きの始まりになります。そのため、被害者との示談成立により、不起訴処分となる可能性は事実上大きく高まりますので、示談して不起訴処分を目指す必要があります。

具体的な行為の例
  • ・つきまとう、進路に立ちはだかる
  • ・見張っている、監視していると伝える
  • ・会って話をしようなどと面会を強要する
  • ・無言電話やメールを大量に送りつける
ストーカー規制法違反の罰則
  • 6ヶ月~1年以下の懲役
  • または
  • 50万円~100万円以下の罰金
裁判が終了するまで、1年以上かかることもあります!

刑事上の罰則以外にも!ストーカー規制法で起訴された場合のリスク

  • 就職時に調査されることも
  • 海外渡航が制限される
  • 職業が制限される
  • 結婚する際に反対される

前科をつけず、不起訴処分を勝ち取るために!

逮捕後から勾留決定まで、ご家族でも面会できません。

逮捕
(最大72時間)
勾留
(最大10日間)
起訴
勾留延長
(最大10日間)

72時間以内に釈放できないと、20日間勾留されます。
逮捕後、自由に接見できるのは、弁護士のみです。

勾留後、20日間に不起訴を獲得できないと、起訴され前科がつきます。弁護士の活動によって、不起訴を獲得するための最後のチャンスです。

警察に最大23日拘束された場合・・・

  • ・会社をクビになる
  • ・学校を退学処分になる

起訴されると99%が有罪、一方、起訴率は35%
前科をつけないよう、不起訴になることが重要です。

刑事弁護の流れを漫画で解説!

ストーカー事件を早期解決!ストーカー事件の特徴

ストーカー事件を早期解決するには、
被害者と示談することが非常に重要

ストーカー規制法違反の場合、起訴するために、被害者の告訴の意思の存在が非常に重要です。示談をすれば、起訴を回避し、早期釈放・不起訴になる可能性が高まります。

ストーカー事件の特徴

ストーカー被害者と示談できるのは、弁護士だけです!

ストーカー被害を訴えている被害者に接触することは、さらなるストーカーの嫌疑を招くため、得策ではありません。また、被害者の連絡先を知らない場合、被害者は加害者に連絡先を教えないため、事実上、示談できるのは弁護士だけです。示談することで、示談金を払うことになりますが、原則としてそれ以上損害賠償請求されるおそれがなくなります。

ストーカーで示談した場合の示談金の相場は?
一般的な示談金の相場は、10万円から100万円程度と、大きな幅があります。これは、ストーカーを受けた人の被害感情の個人差が極めて大きいことに由来しています。つきまといの様態、頻度や被害者の被害感情などによっては、100万円を超すこともあります。
公務員の場合は、失職リスクが!特に注意が必要
国家公務員、地方公務員、建築士や保育士は、禁固刑以上の刑に処された場合には、執行猶予であっても失職してしまいます。
医師、薬剤師、保育士は、罰金以上の刑が科された場合、執行猶予であっても失職する恐れがあります。起訴前に、早急に弁護士に依頼し、示談を成立させ、不起訴を獲得することが重要です。職を守るためにも、起訴をされないことが何より大切です。

ストーカーで逮捕!会社にバレずに早期解決するための3つのポイント

ストーカー容疑!弁護活動で前科がつかないことも
弁護士が被害者と示談し、不起訴処分を獲得を目指します

ストーカー規制法違反の一部は親告罪です。 親告罪の部分については、示談をすることで起訴を回避することができます。親告罪以外の部分であっても、起訴される前に被害者と示談が成立すれば、起訴される恐れはほとんどの場合なくなります。すぐに刑事弁護に強い弁護士にご依頼ください。

ポイント1
ベリーベストの弁護士なら

起訴前に被害者との示談をまとめるためには、スピードが重要です。そこで、受任した当日に担当検事に被害者の連絡先を教えてもらえるように働きかけるなど、示談をまとめるべく迅速に的確に動き始めます。

警察署で早期釈放されるために
弁護士が検察官と交渉!異議申し立てをすることで早期釈放も

ストーカーで逮捕されると、警察で1日~2日、ストーカー容疑に関する取調が行われ、そのまま検察官の取調べを受け、勾留されると最大23日間拘束されます。すぐに刑事弁護に強い弁護士にご依頼ください。

ポイント2
ベリーベストの弁護士なら

弁護士が警察署へ出頭し、異議申し立てをすることで、逮捕されず数時間の取調べの後に解放される可能性があります。

早く留置所から出るための取り調べの注意点
無実でなければ素直に罪を認める

逮捕されても勾留されなければ身体拘束期間は最大でも3日です。罪を認めるならば、取調べで事実を素直に話すことが重要です。ただし、やっていない部分についてまで盲目的に認めてはいけません。

ポイント3
ベリーベストの弁護士なら

当日に接見し、取調べを受ける際に注意すべき点をアドバイスします。また、身元引受人の協力を得るために働き掛けます。
勾留の阻止は一般的に困難とされていますが、勾留請求されてしまった場合には、裁判所に対して意見書を提出し、勾留されてしまった場合には、準抗告を申し立てるなど適時的確に動きます。ベリーベストには、多数の勾留を阻止してきたという明確な実績が多数あります。

ストーカー事件の弁護方針

被害者と示談することが不起訴になる最も有効な手段です

受任した当日に担当検事に被害者の連絡先を教えてもらえるように働きかけ、被害者の連絡先を知り次第交渉を開始するなど、示談をまとめるべく迅速に的確に動き始めます 。

逮捕の次の日までに弁護士に依頼を!

他に真犯人がいること、被害者の証言が虚偽であること等の証拠を探し捜査機関に主張することで、不起訴処分にするよう働きかけます。

不起訴獲得実績多数!ベリーベストの解決実績!

ストーカーをはじめ幅広い犯罪の解決実績

  • 不起訴獲得数
    131
  • 示談数
    123
  • 身柄解放数
    123
  • 執行猶予数
    86
解決実績の一例
痴漢
電車内の痴漢で逮捕、弁護士の迅速で粘り強い交渉で示談・不起訴を獲得!
痴漢
盗撮の現行犯逮捕、弁護士の迅速な対応で早期釈放!示談・不起訴を獲得!
傷害
運転手への暴行で逮捕!弁護士が即日接見により、身柄解放・示談・不起訴を獲得!

よくある質問

ベリーベストが選ばれる理由

    26
  • 弁護士が警察署へ急行し、早期釈放を目指します。
  • 刑事弁護専門の弁護士が待機。お電話後、30分以内に弁護士と相談可能。
  • お電話で、弁護士から今後の見通し弁護士費用の見積もりをお伝えします。
  • 365日24時間警察署へ急行できるよう専用車を配備し、弁護士がお電話を待機して待っています。
  • 痴漢、傷害事件など
    専門チームが幅広い犯罪に対応
  • 釈放・示談・不起訴
    獲得した豊富な刑事弁護実績!
  • 全国19支店130名以上
    の弁護士が365日対応
  • 遠方弁護士にも
    依頼できる最新のTV会議システム
  • 弁護士自首同行する
    「任意聴取同行サービス」
  • 初回相談料無料
    明瞭な料金体系

初回相談無料!明瞭な料金体系

  • 被疑者、被告人となった方、またはそのご家族からの
    初回相談無料
  • 緊急接見費用5万円
  • 起訴前弁護・起訴後弁護ともに
    着手金30万円~  報酬金30万円~

全国19拠点、130名以上の弁護士がスピード対応

平日夜・土曜・日曜相談可能 / 全国対応可能

ご相談から解決までの流れ

初回接見と通常の相談の流れ

  1. STEP1メール・電話で初回無料相談申込
  2. STEP2弁護士から弁護方針・費用見積もりのご案内
  3. STEP3ご来所・初回無料法律相談
  4. STEP4初回接見ご依頼(逮捕・勾留中の場合)
  5. STEP5刑事弁護のご依頼
問 題 解 決

トピックス

ページトップへ戻る
平日9:30~21:00、土日祝9:30~18:00 
初回相談料無料、お気軽にお問い合わせください。