今すぐ弁護士に相談する

財産事件の解決事例

共犯で詐欺・私文書偽造をした。弁護士が家族とのやりとりを仲介、従属的な立場であったことを立証し、執行猶予を得た

財産事件 詐欺、私文書偽造

  • 罪名詐欺、私文書偽造
  • 解決結果執行猶予
  • ご依頼者男性20代アルバイト

事件発生の経緯

他人の身分証明書を使用し、オレオレ詐欺、私文書偽造した事件。

相談~解決の流れ

初犯であったが、オレオレ詐欺に対する社会的非難が厳しい時期であったため、実刑の可能性もあった事案でした。

実行犯ではあったが、主犯格の共犯者から強く支配されている従属的な立場にあったことを立証し、執行猶予を得ることができました。

解決のポイント

共犯事件であったため、接見禁止がついており、保釈が認められるまでの期間、弁護士が何度も接見に行き家族とのやりとりを仲介しました。

全国の各オフィスから寄せられた解決事例をご紹介しております。
(※ベリーベスト法律事務所全体の解決事例となっています)

解決事例トップにもどる

犯罪別 解決事例

お近くの弁護士を探すお近くの弁護士を探す

北海道・東北
関東
中部・東海
北陸
近畿
中国・四国
九州・沖縄

弁護士コラム

弁護士コラム一覧を見る