今すぐ弁護士に相談する

暴力事件の解決事例

傷害事件において、被害者と示談をして、不起訴となりました。

暴力事件 傷害罪

  • 罪名傷害罪
  • 解決結果不起訴
  • ご依頼者男性

事件発生の経緯

Aさんは、お酒に酔った勢いもあり、面識のない被害者と口論となった末に、顔面を殴打し、傷害を負わせました。
後日、警察が容疑者を特定して、Aさんは警察から呼び出しを受けました。
警察の取調べを受けた当初からAさんは容疑を認めました。

相談~解決の流れ

Aさんは、被害者に対して、謝罪の気持ちがあり、謝罪の形として示談金を支払う意向がありました。
当事務所は、Aさんの依頼を受け、捜査機関の協力の下に被害者と連絡を取り、示談交渉を開始しました。
被害者との示談交渉の結果、示談が成立し、不起訴処分となりました。

解決のポイント

被害者の方には、Aさんの謝罪文をお渡しする等、謝罪の意思を被害者にお伝えすることによって、示談交渉を進め、その結果示談が成立しました。
Aさんの謝罪文をお渡しして、Aさんの言葉で謝罪の気持ちを伝えたことにより、示談交渉がスムーズに行うことができたと考えています。

全国の各オフィスから寄せられた解決事例をご紹介しております。
(※ベリーベスト法律事務所全体の解決事例となっています)

解決事例トップにもどる

犯罪別 解決事例

お近くの弁護士を探すお近くの弁護士を探す

北海道・東北
関東
中部・東海
北陸
近畿
中国・四国
九州・沖縄

弁護士コラム

弁護士コラム一覧を見る