痴漢冤罪 顧問弁護士緊急ダイヤル

メールでのお問い合わせ

サービス内容

1早朝でも弁護士が即時電話でアドバイス!
基本料金 月額980円(税込)

痴漢の疑いをかけられた場合、ベリーベスト法律事務所の弁護士が、適切な対応をお電話でアドバイス!駅員、警察等に対して逮捕を防ぐための対応をいたします。 全国対応可能!47都道府県対応可能です。

対応時間7:00~21:00 早朝でも弁護士が即時電話でアドバイス!

※平日のみ対応。土日祝は対応しておりません。

2弁護士が現場へ急行、通常3万円が無料!※
交通費等の一部費用ご負担あり

緊急ダイヤルで状況をお伺いし、電話対応のみでは逮捕を防ぐことが難しいと判断した場合には、弁護士が痴漢冤罪の発生現場へ急行いたします!

  • 通常3万円⇒無料※で急行!

弁護士が現場へ急行!
  • ※別途交通費等の実費はいただきます。また、移動に往復90分以上かかる場合は、別途、遠距離日当をいただきます。

急行対応エリア

東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県※その他エリアは弁護士判断にて対応

東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県内であれば、可能な限り早期に急行いたします。

その他の地域については、原則現場に急行することはできません。
東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県以外の地域については、事前にご相談ください。ご対応が可能かどうかは状況に応じて弁護士が判断いたします。

3顧問弁護士の名前入り名刺、痴漢冤罪マニュアル
基本料金 月額980円(税込)

痴漢だと疑われた際に駅員や警察官に見せるための、顧問弁護士の名刺をお渡しします。これを渡すことで、後日、顧問弁護士が事件に対応することを主張し、堂々と現場を立ち去りやすくします。また、ご契約者様には逮捕をする事情が存在しないことも記してあるので、逮捕されることの抑止力となります。

また、サービス開始時には、痴漢冤罪にあった時にどう行動すべきかを記載した、具体的な対処方法を記載したマニュアルをお渡しいたします。

顧問弁護士の名前入り名刺・痴漢冤罪対策マニュアル
4痴漢冤罪に関するコラムを配信!
基本料金 月額980円(税込)

万が一痴漢冤罪に遭遇した際に冷静に対応するためには、事前に痴漢冤罪に関する知識を取得しておくことが必要です。そのために、お客様に不定期で痴漢冤罪に関するコラムを配信します。

痴漢冤罪に関するコラムを配信!

具体的な対応の流れ

7:00~9:30までは、お客様の緊急ダイヤルへのお電話が、最低5人以上の弁護士の携帯電話に転送されます。平日は毎日、弁護士を当番で待機させ、お客様のお電話を受ける体制整えております。

具体的な対応の流れ

また、9:30~21:00までは、平日は毎日、多数の刑事弁護チームの弁護士を東京本店で待機させ、お電話を受ける体制を整えております。弁護士がお電話を受けた後は、痴漢冤罪への対応方法を具体的にお話いたします。

  • ※ご契約者様に事前に登録いただいた電話番号以外の番号から発信があった場合、弁護士へ電話は繋がりません。ご注意ください。

費用のご案内

通勤中いつでも安心!月額980円(税込)
  • ・弁護士がお客様へ電話でアドバイス!
  • ・現場へ急行!通常3万円が無料※
  • ・見せれば安心!顧問弁護士の名前入り名刺
  • ・痴漢冤罪に関するコラムを配信!
  • ※別途交通費等の実費はいただきます。また、移動に往復90分以上かかる場合は、別途、遠距離日当をいただきます。
  • ※万一、逮捕された場合に、当事務所に弁護活動をご希望される場合には、別途費用が発生いたします。(「逮捕された場合」の費用をご覧ください)

逮捕の場合は別途費用ご契約者限定割引が!

万一、逮捕されても弁護士が警察へ急行!

万が一逮捕されてしまった後、警察署に急行し接見することをご希望の場合は、地方であっても、原則48時間以内には、弁護士が警察署へ急行します。

ご契約者様に限り、初回接見 3万円⇒無料!※

  • ※別途交通費等の実費はいただきます。また、移動に往復90分以上かかる場合は、別途、遠距離日当をいただきます。
  • ※初回接見以外の刑事弁護活動については、別途費用をいただきます。

初回接見とは?

初回接見とは?

初回接見とは逮捕されている被疑者と弁護士が初めて面会することを言います。
早期に弁護活動を行った結果、早期釈放につながるケースも非常に多く、特に重要な弁護活動です。

1年以上契約者限定
追加オプション
+1000円で何でも法律相談可能
リーガルプロテクト
個人顧問弁護サービス
リーガルプロテクト
1,980円(税込)/月額

1人の弁護士がつく
担当弁護士制

担当弁護士制

電話、メールでの
法律相談OK

電話、メールでの法律相談OK
星
継続加入するほど
相談料がお得な割引も!

主に以下のような事案に対応可能です。

痴漢冤罪以外の刑事事件(暴力事件、詐欺、窃盗など)、交通事故、労働問題(残業代請求、不当解雇、労働災害など)、離婚・男女問題、遺産・相続問題、借金・債務整理問題など

これら以外の法的なお悩みについてもご相談可能です。

  • ※相談料(面談・電話・メール)は、1620円/10分が別途発生いたします。
  • ※ご依頼案件対応費用は、3240円/10分が月額費用とは別途発生いたします。

もし逮捕され、前科がついたら…

もし逮捕され、前科がついたら…

最悪の場合、こんな可能性も考えられます

  • 配偶者の離婚請求が認められる可能性が

    配偶者の離婚請求が認められる可能性

  • 結婚相手自身や、相手の両親が結婚に反対する可能性

    結婚相手自身や、相手の両親が結婚に反対する可能性が
  • 逮捕期間中の無断欠勤の長期化や、就業規則により解雇される可能性が

    逮捕期間中の無断欠勤の長期化や、就業規則により解雇される可能性

  • 前科があるにもかかわらず「前科なし」と書くことは虚偽記載に該当し、後に会社から懲戒処分を受ける可能性

    前科があるにもかかわらず「前科なし」と書くことは虚偽記載に該当し、後に会社から懲戒処分を受ける可能性が
  • 公的な資格の多くは前科が付いてしまうことで、所持している資格は停止となり、新たに資格を取得することも制限されます。

    公的な資格の多くは前科が付いてしまうことで、所持している資格は停止となり、新たに資格を取得することも制限されます

このような最悪の事態を弁護士が防ぎます!

実際のモデルケース

case1

痴漢を疑われ、駅のホームから弁護士に電話をし、弁護士からのアドバイスにより、帰宅できたケース。
痴漢を疑われ、駅のホームから弁護士に電話をし、弁護士からのアドバイスにより、帰宅できたケース。

Aさんは、通勤途中に痴漢をしたと疑われ、駅のホームに降ろされました。Aさんは、痴漢をしていないと主張しましたが、駅員が警察を呼びました。
Aさんは、駅のホームから弁護士に電話をして、助けを求めました。

弁護士は、Aさんから事件に巻き込まれた経緯等をお聞きして、Aさんが痴漢をしていないことを確信しました。
しかし、警察官は、Aさんを警察署に連れて行こうとしました。そこで、弁護士が電話を警察官と代わり、Aさんは痴漢をしていないことや逮捕をすることは違法であることを主張しました。

その結果、警察官は、警察署に連れていくことを思いとどまり、Aさんは無事に逮捕されずに済むことになりました。

月額980円(税込)で対応
case2

痴漢を疑われ、駅員に駅員室まで連れて行かれたものの、電話を受けた弁護士が現場に急行し、帰宅できたケース
痴漢を疑われ、駅員に駅員室まで連れて行かれたものの、電話を受けた弁護士が現場に急行し、帰宅できたケース

Bさんは、通勤途中に痴漢をしたと疑われ、駅のホームに降ろされた後、駅員室に連れて行かれました。Bさんは、痴漢をしていなかったものの、怖くて何も言うことができませんでした。その後、駅員が警察を呼びました。Bさんは、警察官が来たことから、このままでは逮捕されてしまうと思い、弁護士に電話をして、助けを求めました。

弁護士は、Bさんから事件に巻き込まれた経緯等をお聞きしました。弁護士が電話を警察官と代わり、Bさんが痴漢をしていないことや逮捕をすることは違法であることを主張しましたが、警察官はこれに応じずBさんを警察署に連れて行こうとしました。
そこで、弁護士は、再びBさんと電話を代わり、その場に留まり、弁護士と方針についての相談中であるから、電話中は警察署には行くことはできないと言うよう案内しました。その間、弁護士は電話をしたまま現場に急行しました。
そして、弁護士が現場で改めて、逮捕をすることは違法であることを主張し、そのままBさんを連れてその場を立ち去りました。

その結果、Bさんは無事に逮捕されずに済むことになりました。

月額980円(税込)で対応※
  • ※別途交通費等の実費はいただきます。また、移動に往復90分以上かかる場合は、別途、遠距離日当をいただきます。
case3

痴漢を疑われ、駅員に駅員室まで連れて行かれたものの、電話をうけた弁護士が対応しつつ、別の弁護士を現場に急行させ、帰宅できたケース
痴漢を疑われ、駅員に駅員室まで連れて行かれたものの、電話をうけた弁護士が対応しつつ、別の弁護士を現場に急行させ、帰宅できたケース

Cさんは、通勤途中の大宮駅付近で、痴漢をしたと疑われ、駅のホームに降ろされた後、駅員室に連れて行かれました。Cさんは、警察官が来たことから、このままでは逮捕されてしまうと思い、弁護士に電話をして、助けを求めました。

東京本店の弁護士が電話を受けましたが、警察官は、Cさんを警察署に連れて行こうとしました。そこで、弁護士は、再びCさんと電話を代わり、その場に留まり、弁護士との方針についての相談中であるから、電話中は警察署には行くことはできないと言うよう案内しました。

電話を受けた弁護士は東京にいたことから、別の弁護士に電話をして、その弁護士を現場に急行させました。
そして、現場に到着した弁護士が、逮捕をすることは違法であることを主張し、そのままCさんを法律事務所まで連れて帰りました。

その結果、Cさんは無事に逮捕されずに済むことになりました。

月額980円(税込)で対応※
  • ※別途交通費等の実費はいただきます。また、移動に往復90分以上かかる場合は、別途、遠距離日当をいただきます。
case4

痴漢を疑われ、逮捕をされてしまったものの、電話をうけた弁護士が警察署に急行し、その後の勾留請求を却下させたことで、帰宅できたケース
痴漢を疑われ、逮捕をされてしまったものの、電話をうけた弁護士が警察署に急行し、その後の勾留請求を却下させたことで、帰宅できたケース

Dさんは、通勤途中に、痴漢をしたと疑われ、駅のホームに降ろされ、駅員室に連れてかれました。そして、警察官に警察署まで連れて行かれ、逮捕されてしまいました。

しかし、Dさんは、警察官に対し、事前に相談している弁護士を呼ぶように依頼しました。
警察官の連絡を受けた弁護士が警察署に急行し、ご事情をお伺いしました。そして、裁判所に対し、逮捕に続いて、最大20日間もの身柄拘束をする勾留決定をすべきでないということを主張し、意見書を提出しました。

その結果、裁判所が弁護士の主張を認めて、検察官の勾留請求を却下し、Dさんは警察署から出ることができました。

別途、弁護活動費用が必要
メールでのお問い合わせ

店舗一覧

全国展開の大規模法律事務所
全国 22支店・130名以上 の弁護士が所属

全国展開の大規模法律事務所全国21支店・130名以上の弁護士が所属

元検事が所属している、刑事事件に強い法律事務所

元検事弁護士 若佐一朗 / 弁護士 若杉朗仁

元検事
弁護士 若佐一朗(検事歴 約12年)
弁護士 若杉朗仁(検事歴 約7年半)

よくある質問

Q. 痴漢と疑われた場合、まずどうすればいいのですか

A. 冷静に対応しましょう

まずは、落ち着いて対応してください。

そして、なるべく早く幣所の緊急ダイヤルにお電話いただき、弁護士とお話をしてください。遅くとも警察署に連れて行かれる前にお電話ください。駅のホームや駅員室からでも結構です。

その際は、「顧問弁護士と話がしたい。」と言ってください。万が一、駅員や警察官に電話を妨害されそうになったら、「このような緊急事態には、顧問弁護士と話をする権利があるはずだから、やめてください」とおっしゃってください。
その後は、弁護士が対応方法をお話しますので、まずは冷静になって、その場から弁護士にお電話ください。

幣所とご契約いただいた後は、万が一冤罪に巻き込まれた場合の、お客様の対応方法をご案内したパンレットをお渡します。

Q. 緊急ダイヤルに電話したら、早朝でも弁護士が電話に出てくれるのですか?

A. 朝7時から電話対応可能です

はい。7:00~9:30までは、お客様の緊急ダイヤルへのお電話が、最低5人以上の弁護士の携帯電話に転送されます。平日は毎日、弁護士を当番で待機させ、お客様のお電話を受ける体制を整えております。

また、9:30~21:00までは、平日は毎日、多数の刑事弁護チームの弁護士が東京本店で待機し、お電話を受ける体制を整えております。
弁護士がお電話を受けた後は、痴漢冤罪への対応方法を具体的にお話いたします。

Q. 電話対応は土・日・祝日は対応していないのですか

A. はい、対応しておりません

本サービスは、満員電車の痴漢冤罪が発生しやすい状況を想定しております。

土・日・祝日については、電車内は平日に比べ空いており痴漢冤罪の発生頻度が少ないと思われること、また本サービスを月額980円(税込)というお手頃な価格でお届けするため、弁護士の電話対応サービスについては平日のみとさせていだいております。

Q. 東京ではなく地方に住んでいますが、弁護士が現場に来てくれますか?

A. 状況により弁護士が判断いたします

痴漢冤罪が発生した現場が、東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県内であれば、可能な限り早く、現場へ急行いたします。
その他の地域については、原則現場に急行することはできません。

東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県以外の地域については、事前にご相談ください。現場へ急行可能かどうか、状況に応じて弁護士が判断いたします。
地方であっても現場が幣所の各支店の近隣である場合や、事件発生の時間帯によっては、対応が可能なケースもございます。

なお、痴漢冤罪の現場への急行ではなく、逮捕されてしまった後、警察署に急行し接見することをご希望の場合は、地方であっても、原則48時間以内には、弁護士が警察署へ急行します。

Q. 駅員や警察に携帯電話を取り上げられてしまい、電話ができない場合はないのですか?

A. 駅員にその権限はありません

駅員は電話を取り上げる権限がありませんので、取られることはありません。
駅員に駅員室まで連れて行かれたとしても、駅員室から、なるべく早く弁護士に電話してください。

駅員室に警察官が来て、警察署に行ってしまうと、携帯電話が証拠品または所持品として取り上げられてしまいます。
警察官が来たとしても、警察署に行く前に弁護士に電話をしてください。

警察署に行って逮捕されてしまった後は、接見の要請をしてください。「顧問弁護士と話をしたいから、この警察署まで来るように言ってくれ」と、警察官へ伝えましょう。なるべく早く弁護士が伺います。

Q. 毎月の費用の支払い方法を教えてください。

A. クレジットカード決済のみ

お支払方法は、クレジットカード決済のみご対応しております。
毎月末日までに、翌月分の月額費用を、クレジットカード決済によってお支払いただきます。ただし、契約開始月及びその翌月の月額費用については、契約締結の日の属する月中にクレジットカード決済する方法によりお支払いただきます。

◆使用可能なクレジットカード

VISA、MasterCard、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブ

◆お支払い方法

一括払いのみのご対応となります。
月額980円(税込)(オプションプランの場合は月額1,980円(税込))を一括払いで引き落としをさせていただきます。

※なお、月額費用の日割計算は行ないません。

⇒特定商取引法に基づく表記

Q. 申し込みをしたら、いつからサービスが開始されますか?

A. クレジットカード決済完了より5営業日以内
サービスのご提供開始日は
  1. ①契約書のご返送
  2. ②クレジットカード決済で月額費用の引き落とし完了
  3. が、共に確認できてから5営業日以内に、ご提供開始となります。
  4. ※①②のいずれかしか確認ができていない状況では、サービスご提供開始にはなりません。

◆具体的な流れ

  1. ①お客様より、お電話にて本サービスへのご契約依頼をいただく
  2. ②弊所より、サービスのご案内、サービスのご利用案内、契約書などを送付
  3. ③お客様にて、契約書に必要事項をご記入の上、弊所へご返送
  4. ④弊所にて、ご記入済み契約書の内容を確認
  5. ⑤契約書の内容に問題がなければ、弊所より月額費用のお支払用URL(クレジットカード決済用)をお客様へメール送信
  6. ⑥お客様にて、お送りしたURLよりクレジットカード決済で月額費用のお支払い手続き
  7. ⑦弊所にて、クレジットカード決済手続き確認、お客様の電話番号を「緊急ダイヤル」システムに登録
  8. ⑧弊所より、⑥から5営業日以内に、緊急ダイヤルの電話番号、および具体的な対応方法を解説したパンフレット、顧問弁護士名刺を発送

⑧の発送完了の時点で、サービスのご提供が開始となります。
※なお、サービスの始期が月の途中であっても、月額費用の日割り計算は行いません。

Q. 解約したい場合は、どうすればいいですか?

A. 当事務所までご連絡ください

ご解約をご希望の場合は、当事務所までお問い合わせください。
以下の流れで解約のお手続きをさせていただきます。

◆具体的な流れ

  1. ①弊所より、「解約通知書」のPDFファイルをメール添付にて送付いたします
  2. ②お客様にて「解約通知書」のPDFファイルのプリントアウトをお願いいたします
  3. ③プリントアウトした「解約通知書」に、必要事項をご記入・押印ください
  4. ④ご記入済みの「解約通知書」をスキャンいただき、弊所まで「解約通知書」のスキャンデータをメール添付にてご返信いただくか、または弊所までFAXいただきますようお願いいたします。(※原本は、お客様にて保管をお願いいたします)

中途解約の申出が、当月15日までになされた場合、本契約は翌々月末で終了し、当月16日以降になされた場合、本契約は翌々々月末で終了となります。
※なお、サービスの終期が月の途中であっても、月額費用の日割り計算は行いません。

Q. 実際に痴漢をしてしまいました。「痴漢冤罪顧問弁護士緊急ダイヤル」は使えないのでしょうか?

A. 原則、痴漢冤罪に巻きこまれてしまった方が対象です

緊急ダイヤルは、原則、痴漢冤罪に巻きこまれてしまった方を対象にしています。

もっとも、弁護士は、ご相談者の主張内容によって、ご依頼をお受けするか否かを決定してはいけないことになっていますので、仮に痴漢をしてしまった場合も、緊急ダイヤルをお使いいただけます。

メールでのお問い合わせ
ページトップへ戻る
平日9:30~21:00、土日祝9:30~18:00 
初回相談料無料、お気軽にお問い合わせください。