今すぐ弁護士に相談する

性・風俗事件の解決事例

痴漢によって現行犯逮捕。被害者に反省の態度を示し、示談を成立させたことで不起訴となった

性・風俗事件 迷惑行為防止条例違反

  • 罪名迷惑行為防止条例違反
  • 解決結果不起訴
  • ご依頼者男性

事件発生の経緯

Aさんが通学途中に痴漢行為を行い、被害者に現行犯逮捕された。Aさんは当初から容疑を認めていた。

相談~解決の流れ

Aさんのご家族からご依頼を受け、すぐにAさんとの接見に行ったところ、Aさんは容疑を認め、反省しているとのことでした。

そこで、早期に示談をまとめる必要があるとして、捜査機関に協力を求め、被害者との接触を試みました。

被害者はなかなか示談に応じてくれませんでしたが、最終的には示談に応じ、被害届の取下げ、刑事処分をしないことを求めることもしてくれました。

解決のポイント

捜査機関の協力により、被害者と早期に接触できましたが、当初、被害者は示談に乗り気ではありませんでした。

そこで、Aさんに反省を示す謝罪文を作成するよう依頼し、その謝罪文を被害者に読んでもらったところ、被害者の態度が変化し、示談に応じてくれました。

被害者に心情に即した対応が実を結んだと考えています。

全国の各オフィスから寄せられた解決事例をご紹介しております。
(※ベリーベスト法律事務所全体の解決事例となっています)

解決事例トップにもどる

犯罪別 解決事例

お近くの弁護士を探すお近くの弁護士を探す

北海道・東北
関東
中部・東海
北陸
近畿
中国・四国
九州・沖縄

弁護士コラム

弁護士コラム一覧を見る