今すぐ弁護士に相談する

性・風俗事件の解決事例

18歳未満の少女との援助交際を、早期の示談交渉により略式命令で解決した事例

性・風俗事件 児童買春

  • 罪名児童買春
  • 解決結果略式命令(罰金)
  • ご依頼者男性

事件発生の経緯

18歳未満の少女との間で援助交際を行ったことから、児童買春の疑いで警察から捜査を受けました。

相談~解決の流れ

Aさんは勾留されなかったものの、児童買春の罪で継続して捜査が行われている状態でした。弁護士は、Aさんに取調べにおけるアドバイスをしつつ、被害者の父親と連絡をとり、示談を行ってその結果を捜査機関に報告しました。

結果として、Aさんは児童買春ではなく、青少年愛護条例違反での略式命令を受け、正式な裁判を受けずに済みました。

解決のポイント

児童買春のような犯罪類型は、国際的な条約上、不起訴処分は難しく、厳罰化の傾向があることから、早期の示談交渉と適切な取調べの対応が必要であったため、弁護士はAさんと緊密に連絡をとりながら、被害者両親との間で早期の示談を行ったことにより、より軽い青少年愛護条例違反での略式命令となりました。

全国の各オフィスから寄せられた解決事例をご紹介しております。
(※ベリーベスト法律事務所全体の解決事例となっています)

解決事例トップにもどる

犯罪別 解決事例

お近くの弁護士を探すお近くの弁護士を探す

北海道・東北
関東
中部・東海
北陸
近畿
中国・四国
九州・沖縄

弁護士コラム

弁護士コラム一覧を見る