初回相談60分無料

被害者の方のご相談は
有料となる場合があります

0120-359-186
平日9:30〜21:00/土日祝9:30〜18:00
今すぐ弁護士に相談する

性・風俗事件の解決事例

強制性交事件において、被害者に対して被害弁償をすることにより執行猶予判決となりました。

性・風俗事件 強制性交等

  • 罪名強制性交等
  • 解決結果執行猶予
  • ご依頼者男性

事件発生の経緯

Aさんは、強制性交を行いました。後日、警察が容疑者を特定し、Aさんの元へ取調べに来ました。
Aさんは当初から容疑を認めました。

相談~解決の流れ

Aさんは、被害者に対して、謝罪したい気持ちがあり、謝罪の形として示談金を支払う意向がありました。
当事務所は、Aさんの依頼を受け、示談交渉を開始するために、被害者との連絡を取りたいと、捜査機関への協力を求めました。
被害者には、示談には応じていただけませんでしたが、Aさんの謝罪のお手紙は受け取って読んでいただき、示談という形ではありませんでしたが、慰謝料のお支払いだけさせていただきました。

解決のポイント

当初から、被害者は示談をする意向は全くなく、当事務所から連絡をすること自体にも応じていただけませんでした。
そこで、せめてAさんの反省の気持ちを綴った謝罪文だけでも受け取っていただきたいと捜査機関の協力の下、被害者に伝えたところ、当事務所から被害者へ直接連絡をすることにも応じていただきました。
そして、被害者にAさんの謝罪文を読んでいただいたところ、示談という形ではありませんでしたが、被害弁償金の受け取りだけは応じていただきました。
被害者の心情に即した地道な交渉が実を結んだと考えています。

全国の各オフィスから寄せられた解決事例をご紹介しております。
(※ベリーベスト法律事務所全体の解決事例となっています)

解決事例トップにもどる

犯罪別 解決事例

お近くの弁護士を探すお近くの弁護士を探す

北海道・東北
関東
北陸
中部・東海
近畿
中国・四国
九州・沖縄

弁護士コラム