今すぐ弁護士に相談する

刑事事件の
よくある質問

流れ・手続きのよくある質問

Q一度逮捕されたら裁判が終わるまで、出てこられないのですか?

A

裁判が終わるまで、出てこられないケースもあります。
しかし、全てのケースで出てこられないわけではありません。
身体拘束は、身体の自由を制限するものなので、いくら捜査機関による身体拘束であっても、厳格な要件があります。したがって、身体拘束の要件を欠くにいたった場合、身体拘束は解かれます。
弁護人としては、被疑者から詳しい事情を聞き取り、身体拘束の要件を欠いていることを理由に身体拘束を解くように不服を申し立て、或いは、捜査機関に働きかけることになります。
したがって、身体拘束期が解かれる可能性は十分にあります。
また、起訴後においては、保釈請求をすることができます。一定の保釈金と保釈の要件に該当することが必要ですが、保釈の要件が緩やかであることから、起訴前より身体拘束の解放の可能性が高まります。

監修者
萩原 達也
荻原達也
代表弁護士
弁護士会:
第一東京弁護士会
登録番号:
29985

ベリーベスト法律事務所は、北海道から沖縄まで展開する大規模法律事務所です。
当事務所では、元検事を中心とした刑事専門チームを組成しております。財産事件、性犯罪事件、暴力事件、少年事件など、刑事事件でお困りの場合はぜひご相談ください。

その他の流れ・手続きのよくある質問

流れ・手続きのよくある質問

刑事事件のよくある質問トップに戻る

お近くの弁護士を探すお近くの弁護士を探す

北海道・東北
関東
中部・東海
北陸
近畿
中国・四国
九州・沖縄

弁護士コラム