今すぐ弁護士に相談する

刑事事件の
よくある質問

流れ・手続きのよくある質問

Q加害者です。被害者と示談をしたいと思っているのですが、自分ひとりで示談を進めることはできるのでしょうか。

A

示談をご自身で進めることは、現実的ではありません。
示談の流れとしては、まず弁護士が、捜査機関に対し、加害者に示談する意思がある旨を伝えます。その後、捜査機関が被害者に対し、示談する意向があるかを問い合わせます。被害者が了解すれば、捜査機関が弁護士に対し、被害者の連絡先を伝えます。
そして、弁護士が被害者に連絡をとり、示談を進めていきます。捜査機関は、加害者と被害者の接触を避けるため、基本的には弁護士以外には、被害者の連絡先を教えてくれません。

監修者
萩原 達也
荻原達也
代表弁護士
弁護士会:
第一東京弁護士会
登録番号:
29985

ベリーベスト法律事務所は、北海道から沖縄まで展開する大規模法律事務所です。
当事務所では、元検事を中心とした刑事専門チームを組成しております。財産事件、性犯罪事件、暴力事件、少年事件など、刑事事件でお困りの場合はぜひご相談ください。

その他の流れ・手続きのよくある質問

流れ・手続きのよくある質問

刑事事件のよくある質問トップに戻る

お近くの弁護士を探すお近くの弁護士を探す

北海道・東北
関東
中部・東海
北陸
近畿
中国・四国
九州・沖縄

弁護士コラム